遠距離の彼氏 連絡頻度の平均って?連絡が減った理由や対策は?

スポンサーリンク

この記事は約 11 分で読めます。

遠距離の彼氏からの連絡が減って悩む女性

 

遠距離の彼氏とお付き合いしている女性にとって、気になるのはその連絡頻度だと思います。

「最近彼からの連絡が減ってきたな~」とか、「もっとラインや電話をしたいけど、これ以上はウザい?」とか、悩んでしまいますよね。

 

そこで「遠距離の彼氏がいる人の連絡頻度」について解説していきます。

 

「他の遠距離恋愛中のカップルは平均的にどれくらい連絡しているものなのか」、また「男性側からの連絡が減ったときの対処法」もご紹介していきますね。

遠距離恋愛中の恋人とのラインやメール、電話の頻度などで悩んでいる女子の皆さん、ぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

遠距離の彼氏 連絡頻度の平均って?みんなはどれくらい連絡しているの?

まずは「他のカップルの平均的な連絡頻度」からチェックしていきましょう。

みんなこのくらい連絡しているみたいですよ。

ライン・メールは毎日というカップルも

ラインやメールのような手軽なツールだと、毎日やりとりをしているというカップルも多いようです。

また、「おはよう」「ただいま」「おやすみ」など、決まった時間に送り合っているというカップルも。

こういったあいさつ代わりのやりとりが習慣になっている場合は、毎日のやりとりもまったく苦じゃなさそうですね。

 

 

電話をかけるのは週1が理想的!?

電話については毎日というカップルもいますが、お互い忙しいとなかなかそうはいかないもの。

電話をしている間はお互い自由に行動することができないから、たくさんの時間はできない場合もありますよね。

 

そのため、週に1回声を聞けたら充分と考えているカップルが多いようです。

 

もちろん、何かすぐに話したいことや伝えたいニュースがある場合は電話をするのが一番いいと思いますが、日常的な会話のために毎日何時間も電話をするというのは彼にとってはつらくなるかもしれませんね。

 

お互い不満がない連絡頻度が大事

連絡頻度はカップルによってさまざまですが、上手くいっている人たちの共通点は「お互いに不満がない」ということです。

 

たとえば「ラインやメールは用があったときだけ、電話もまったくしないというカップルでも、会えたときに仲良くできるのならそれもアリ」ということ。

逆に、「彼は連絡が少なめでも大丈夫だけれどわたしは今彼が何をしているのか知りたい!」という場合は、女性に不満が募ることになりますよね。

お互い連絡の取り方について話し合ったことがない場合は、どちらかが我慢しているということが多いので、一度じっくり話し合うことも大切ですよ。

 

もしかしたら彼も遠慮して連絡頻度を抑えているかもしれません。

話し合ったら案外簡単に解決することもありますよ♪

 

 

スポンサーリンク

遠距離中の連絡頻度が減った理由は?彼氏の本音を紹介

遠距離恋愛中だと「急に彼氏からの連絡が減った…」という時もありますよね。

どんな理由があるのかチェックしてみましょう。

仕事が忙しい

仕事の関係で彼が転勤になり、その結果遠距離恋愛になったというカップルの場合。

 

彼からの連絡頻度が減ってきたのなら「仕事の忙しさが原因」となっていることが多いです。

 

慣れない地に1人で住んで、仕事も新たな環境で頑張るというのは体力的にも精神的にもつらいもの。

「つらいならわたしを頼って!」と思うかもしれませんが、男性は弱いところを見せたくないものなのです。

忙しくて帰ってきたらクタクタ…ラインやメールも見る余裕がないという場合は、連絡頻度がガクンと減ることになると思います。

 

1人を満喫したい

「時間に余裕はありそうなのに、連絡頻度が減った!」という場合は、思わず浮気を疑ってしまいますよね。

 

ですが、彼はただ1人の時間を満喫したいだけなのかもしれません。

 

わたしも以前付き合っていた彼は、まったく連絡をくれない人でした。

「何で連絡くれないんだろう…」と思いモヤモヤしたことがありましたが、彼は家にいる時間は全てゲームをしているという超ゲーマーであることが判明。

ゲームをしている間はまったくスマホを見ないみたいです^^;

 

こんな風に「転勤になって1人暮らしになったからこそ家での時間を満喫したい!」と考えている男性はけっこう多いんです。

だから、連絡頻度が減ったからと言ってむやみに不安がる必要はありませんよ。

 

話すことが思い浮かばない

初めは毎日ラインをくれたのに、最近何だか回数が減ってきた…。

 

そういう場合は「話すことが思い浮かばない」のかもしれません。

 

毎日朝起きて仕事に行って、帰宅するといった日々を送るサラリーマンにとって「今日もいつも通りの日で特に話すこともないな~。」というのはよくあるものです。

喋るのが好きな女性なら「いろいろなことを思い出したり発見したりして話したい!」と感じるでしょうが、それが思いつかない男性にとっては連絡することが苦痛になる場合も。

「面白くない男と思われたら嫌だし…。」というプライドも合わさって、寡黙な男性を作り上げている場合もあるようです。

 

あなたのことを信頼しているから

連絡を頻繁に取り合わなくても、お互い愛し合っていることは分かっているはず!

こんな風に「あなたのことを信頼しているからこそ連絡頻度が少なくなってきた」という場合もあります。

 

言い方を変えれば「関係が落ち着いてきた」ということ。

 

決して悪いことではないと思いますよ。

とは言え、女性としては「もうちょっとマメに連絡欲しいな~。」と思うこともありますよね。

そんなときは、あいさつラインを習慣にするとか、おやすみだけは毎日言い合うとかして無理ない範囲で連絡を取るよう提案するようにしてみましょう。

 

スポンサーリンク

遠距離で連絡が少なくなったときの対処法は?

連絡頻度を増やすのはNG!

彼から連絡が少なくなってくると、やりがちなのがこちらの連絡頻度を増やすということ。

不安から、ついつい何度もラインを送ったり、着信を残したりしてしまうんですよね。

 

気持ちはよく分かりますが、これはNGな行動なので要注意!

 

彼が忙しさから連絡出来ない場合は、あなたからのメッセージがプレッシャーになることも。

「最近彼から連絡来ないな…。」という場合も一度落ち着いて、むやみにラインや電話はしないようにしてくださいね。

重い女にならないように要注意ですよ~!

 

彼の状況を理解する

彼の状況を理解することで、連絡頻度の減りも気にならなくなる場合があります。

たとえば「仕事が忙しくなって残業続き」だとか、「ステップアップのために資格取得を目指しているから勉強が大変」とか、そういった状況が分かることで「彼は自分を嫌いになったわけではない」という安心感につながると思います。

不安になってしまうのは、彼が何をしているか分からなくなるからですよね。

 

「今こういう状況なんだ」ということが理解できれば不安も随分取り除けると思います。

 

そのため、

「最近連絡が取れなくなってきたのが心配なんだけど、できればどういう状況下教えてもらえると安心だな。」

と一度ラインや電話をして彼に聞いてみるのが解決の近道。

 

責めるのではなく、心配していることを第一にして聞くようにしてくださいね。

離れていても、しっかりコミュニケーションをとることで余計な不安はなくなると思います。

 

遠距離の男性との連絡回数の理想は?まとめ

遠距離の彼氏と連絡頻度は、ラインやメールなら毎日している人も多く、電話は週1回程度が理想的ということが分かりました。

とは言え、カップルによって大きく差がありそうなのでお互いがよく話し合って不満のないようにすることが大事です。

連絡頻度が減ってきた場合は、彼の忙しさや状況を理解することが大事。

一度しっかりコミュニケーションをとって、不安な気持ちを解消していけるようにしましょう!

 

また、考えたくはないですが、「連絡の回数が減ったのは浮気や心変わりをしているから…」という可能性も0ではないです。

恋人の行動がアヤシイと感じた時は以下の記事でチェックしてみても良いですね。