スポンサーリンク

彼氏の連絡が少ない時は別れた方がいい?何か対処法はある?

この記事は約 15 分で読めます。

落ち込む女性

 

「最近、彼氏から連絡が少なくて寂しいんだけど」
「昨日も連絡がなかった。どうしたらいいかな?」
「もしかして彼・・・冷めちゃったのかな?」

 

携帯を見つめながら「彼から早く連絡が来ないかな」と期待しながら待っているのに、彼からの着信もラインやメールのメッセージも無し。

本当に悲しいですよね。

 

「最近彼から連絡が少なくて。。」と悩んでいるあなた。

彼からの連絡が少なくなったからと言って100%彼があなたに冷めたとは限らないし、またあなたを嫌いになったとは限らないのです。

ここで「別れなくちゃいけないのかなぁ?」と最初から悲観的になってショックに陥る必要もありません。

 

恋愛はいつでもケースバイケース。

 

時には「恋人関係を続けられるケース」もあれば、時には「自分にとって別れた方が有利になるケース」もあります。

そこで今日は「彼からの連絡が少なくなった原因」を紹介しますね。

それぞれ「どのように対処していくか」を一緒に考えていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

彼から連絡が少なくなった原因は?

学生と社会人

彼が「学生」で自分が「社会人」だと全く世界が違ってきます。もちろん、彼とあなたの立場が逆でも同じこと。

彼は大学で論文を徹夜で書いたり、山の様な研究のために図書館にこもりっきり。

試験勉強や卒論を第一と考え、勤勉で余裕がなくてまめに連絡をしてくれない。

 

あなたが「残業のない普通のОLさん」だと、夜に時間があって「彼何してるかな?」「会いたいなあ」と思っても忙しい彼からは連絡が来ないのが当たり前ですよね。

彼はあなたに冷めたわけでもなく、嫌いでになった訳でもないですね。

 

きっと自分の勉強が片付くとあなたの事が頭に浮かび「ごめーん 前期の試験で大変だっんだよ。お詫びに今度のデートは俺のおごり」という連絡が入りますよ。

このケースの場合、彼に「学校が大変な時はひとこと言ってね!」と前もって言っておきましょう。「彼の忙しい時期」がわかると余計な心配をしなくてすみますよ♪

学生の彼と付き合っていた私の体験談

夜に彼に連絡を入れてもつながらず。週末もスマホに何の音沙汰もなし。心配していると「サークル仲間と飲みに行ってた。週末は合宿行ってた」なんて連絡が。

 

この時は、彼の学生生活が充実しすぎて自分が構ってもらえず寂しかったですね。

 

二人一緒の時間を作ってデートにも出かけたりしてくれればいいのですが、20代男子にそこまで気が回るワケがなく。こんな風に彼に自分の事ばかりされると不満もたまりますし、あまりにも連絡がつかないと不安にもなりますよね。

あまり連絡をくれないのなら、思い切って「私とサークルの仲間、どっちが大切なの?」と聞いてみても良いですが、この方法は逆効果。「両方」なんて言われた日には困ちゃいますよね。

 

ですので、気持ちはわかりますが、ぐっと堪えてあなたからこまめに連絡を取るようにしましょう。

 

計画も自分から先に入れて、前もって忘れないように連絡してあげましょう。

「そこまで面倒見ないとなの?」

と思うかもですが、相手はまだ遊びたいざかりの若い学生男子。ここで何でもかんでも注文していたら、愛想突かされる可能性が高いです。あなたが広い心で彼氏を見守ってあげてくださいね。

私は学生の彼氏と付き合っていた時はこの方法で乗り切りましたよ♪

 

夜勤、昼勤務

連絡がうまくかみ合わなかったりするのがこのタイプ。

自分は昼勤。でも彼は夜勤。

「夕飯を一緒にどうかな?軽く飲みに行かない?」と誘いたいけど携帯は留守電だし、彼は朝方早く帰宅して昼間は寝ているから、なかなか連絡をもらえない。

もらっても簡単なメッセージ程度。本当に悲しくなりますよね。

 

時間が合わない彼と付き合っていた私の体験談

彼は素敵なレストランのシェフ。シフトはお昼前から深夜12:00過ぎ。

私は英語教室の講師。9時~17時の一般的な勤務時間。

朝モーニングコールなんか気取って彼に掛けたらすごく機嫌が悪い。夜にお休みコールは遅すぎ出できないし、出来ても彼は疲れて話す気分じゃない。「また後で。おやすみ」ガチャンと電話を切られる。

彼のお昼休み時間は私の勤務時間。
携帯に一言「元気?どうしてる?」と入れてくれてるかなぁという期待はまんまと裏切られ、面倒なのか携帯にも何も入れてくれない。もちろんメールでのメッセージも無し。

人気レストランのシェフである彼に「週末」なんてものもなく。週末はいつも一人ばっかり。

「頑張って」と彼に励まされてもあまり心に響かず。

 

結局、彼に合わせることも出来ず、私がギブアップして「別れ」を選択しました。

 

ここで同棲をしていたり、近くに住んでいれば続けられたかもしれませんね。
もし「勤務時間が合わない彼氏」と付き合っている場合、彼を本当に愛しているなら近くに引越したり同棲を考えるのも一つの案ですね。

遠距離恋愛

「あのカップルは離れていても本当に仲がいいよね。」
「毎週末はいつもデートで忙しいし、毎日ラインで1時間近く話してるんだって」

 

遠距離恋愛をしている人のこんな噂を聞くと理想的で羨ましくなりますが、現実はそううまくは行きませんよね。

彼女は楽しみに連絡を待っているのに、彼は「疲れているから」を言い訳に普段から連絡を後回し。もちろん遠い遠距離では週末デートも無し。

 

遠距離恋愛の場合「あなたがこの状況にどれぐらい耐えられるか」によって関係が左右されます。

 

女性と違って男性は鈍感です。彼女にそのうち愛想をつかされてしまう事を忘れ、呑気に生活している男が殆どです。

ここであなたっだたらどうしますか?

ここでイライラして怒っても彼は良い気はしませんよね。

 

だからと言って黙ってもいられないので、優しく「最近連絡来ないけど、忙しかったの?」とか「週末デート約束してたけど、疲れてるの?」と連絡を入れてみてはどうでしょ?

こんな風に相手を気遣いながら連絡すると、彼も「そうそう。忙しくってさぁー」「じゃ次の週は必ず会おう」とケンカにならず仲良しになりやすいですよ。

連絡が減ったからと言って一概に倦怠期とは言いきれません。

自分が相手の立場になって考えると結構良い案も浮かび、いい方向にも向かいますよ。

 

関連記事 遠距離を続けるコツは?会えない寂しさに負けない方法

元々連絡がまめではない男性だった

ただ単に彼はおとなしく「携帯でおしゃべりをしたり、わざわざラインでメッセージを送る」ようなタイプではないという事もあります。

つきあいたての頃はこまめに連絡の気配りが出来ていても、時間が経つにつれ本当の性格が出てきます。

 

そうすると面倒なものはあまり自分からはしない様に。そうすると自然に連絡も少なく。

 

ただこの場合「お互いが相手を知って理解する事」で恋人関係を長続きさせる事ができますよ。

人の性格とは頑固さんから柔軟性の高いフレキシブルさんまでありますが、なかなか頑固な人を柔軟な人には変えられないです。

 

自分を垣間見るとわかると思いますが、性格改善は結構難しいもの。

 

ですので、元々マメではない彼氏の場合、無理に彼に連絡をさせるのではなく話し合って「お互いに納得のいく範囲で連絡を取り合うように」しましょう。

こちらの方がうまくいきますよ♪

年がかなり離れている

私は以前「8歳年上の彼氏」とお付き合いした事がありました。

最初のうちはお互いあまり気にならないジェネレーションギャップ。

ですが、彼が望む女性は「家庭的でおとなしく、我慢強い」という「昭和の女性」(笑)そのくせ、自分は自己主張が強くおしゃべりであまり我慢出来ない。

 

「なんで連絡してくれないの」と連絡すると「俺を信じて、我慢してよ」と。「家庭的でおとなしく家で連絡待ってて」と言う言葉に「信じるって、いつまで待つの?」と20代前半の私。

遊びに行きたい年頃だったので結構つらかったです。

結局この彼氏とは「嫌われていないけど、愛されていない感じ」で私が冷めて別れてしまいました。

 

年が離れているからと言ってダメなケースばかりではありません。

 

あなたが大人びていて理解があり我慢強かったのなら、乗り切れると思います。

また彼が「あなたが若いから一緒にもっと遊んであげよう」と言う気遣いができる人ならまた違ったケースになると思います。

彼を愛しているなら「これが彼の愛し方だ」と割り切って、信じて待つ事も大切かもしれません。

趣味や好みが違う

趣味や好みが違うのも連絡が少なくなる原因ですよね。

例えば私の経験で言えば、彼は家でゆっくりするのが好きなインドア派。私は外出大好きアウトドア派。

私は登山に出掛け、彼は家でゆっくり休む。途中で彼に電話を掛けても繋がらない。彼は家でゆっくり寝ていて携帯の電源が切ってある(もしくは留守電)。

 

こんな風に趣味が違うと、やっていること自体違うので連絡が取りにくい時もありましたよ。

 

このケースは彼に前もってスケージュールと聞いて、時々は彼の趣味にあなたが合わせてあげてもいいですね。

以前私がやったのは週末は遅くまで彼を寝かせてあげて、自分は外にブレックファーストの買い物に。一緒に遅めのブランチ。そこで彼に「今日は外に出よーよ」と提案。

しぶしぶ彼は一緒に外に出かけてくれました。工夫するだけで連絡が減ってもいい関係が保てます。

彼氏に二股をかけられていた私の体験談

彼から連絡が来ないからと言って「別れには繋がらないケース」をお伝えしてきましたが、現実には悲しいケースもあります。

以下、私の体験談です。

 

彼から連絡が来ないので連絡したら、またつながらない。つながっても伝言メッセージに。もしくは「今、忙しいから」と後回し。これの繰り返し。

「これって遠回しで別れようっていってるのかなぁ。信じて待ってみようかなぁ」

初めの1ヵ月はいいですが、2~3ヵ月となると誰でも「何かおかしい」と感じると思います。

 

「今まで否定して来たけど、やっぱり彼に好きな人が出来たのかな?」と初めの疑いから、「浮気してるのかな?」と不安に。

 

そんな事をしているうちに、彼氏が他の女性とカフェで食事をしているのを見かけて、黒確定。すったもんだのいざこざの末、結局彼とは別れました。

こんな風に「二股で2人の女性に愛想をふるったどうしようもない男」と付き合ったことのある私。

今考えると連絡して繋がらないこともあったし「今忙しいから」と電話を切ら出たことも。デート中もそわそわして他の電話を受けてたり。

 

気づかなかった自分も情けないですが、今考えてもあまりいい気はしません。

 

2~3か月もそんな調子では良い未来は期待できませんよね。はっきりここでけじめをつけるのも、正直あなたのために良いかもしれません。

彼氏の行動が怪しい時には

このように「彼氏がアヤシイ動きをしている」場合、彼の潔白を自分であきらかにしてはどうでしょう?

ドッキリではないですが、突然彼の自宅を訪問。

 

喜んでもらえる?
迷惑がられる?
嫌がられる?

 

彼のリアクションを自分の目でしっかりと見てください。彼の反応で「本当の気持ち」がわかると思います。

もし、彼が迷惑or嫌がっていたりするなら、いい機会だと思って彼に聞いてみてください。

 

「もう終わりにすべきか?別れるべきか?」
「理由は?」

 

答えはそこで出なく「考える時間を欲しい」と言われるケースもあります。
彼にまだ思いがあると期待して待ってしまうかもしれませんね。

 

そこでどうするかはあなた次第だと思います。

 

まだやっていけるなら頑張って、もう待てないなら「さよなら」しましょう。

「それならそうしよう」と言われる悲しいケースもあると思います。辛くても未練を残さず振り向かず、前に進みましょう。

嫌な悲しい思い出も時間が経つと「あんな事もあったなぁ」と思える日が来ますよ。

まとめ

彼から連絡が少なくなってお困りのあなた、少しは心が軽くなりましたか?

彼が連絡をくれないからと言って「別れなくてはならないの?」と最初から悲観的になるのではなく、まずは色々と試してみてくださいね。

 

大丈夫だった。
結局ダメだった。

 

結果はそれぞれですが、前向きな自分がいればきっとそれをステップにまたいい恋愛が出来ると思います。

頑張ってくださいね。



連絡頻度
eriをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
~クーピーデイズ~ 男性心理を知って毎日トキメキたい!