合コンのお礼ラインは女性から送ってOK?モテ例文も紹介!

スポンサーリンク

スマホを操作する女性

 

「合コンで気になる男性がいた!お礼ラインを送りたいけど女性から送ってもいいのかな?」

 

そんな風に悩んでいませんか?

 

昔は合コンに行って気に入った人がいたら「勇気を出して相手の連絡先を聞く」とか、「自分の連絡先を聞いてもらう方向に持っていくと」か、「後から幹事に聞く」とか、

連絡先ひとつ入手するのにも気をもんでドキドキしたものでした。

が、最近は幹事によってグループが作成されるようになったので、個人的に連絡先を聞かなくても参加者全員の連絡先を知ることが出来るようになりましたよね。

 

そこで今回は「お相手の男性に個人的にお礼ラインやメールを送った方がいいのか、その場合、全員に送るべきなのか」等、例文を含めて紹介していきます。

 

合コン後に気に入った男子や好きな男子がいた女性の皆さん、ぜひ参考にしくくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合コンのお礼ラインは女性から送った方がいいの?

気に入った男性がいなかった場合

ラインのグループが作成されるようになった今・・・

大体が合コン解散後に全員での「ありがとうございましたライン」のやりとりが行われて、しばらくしてふと見てみると何人か退出者がいた。

・・・というような流れになっていることが多いのではないでしょうか?

 

特に相手を「友達追加」することもなく、「その日のお礼ラインのやり取りをするだけのグループ」が作られているケースも少なくありません。

もちろんお礼は最低限のマナーですし、グループラインでメッセージを送るのは必要なこと。

しかしそこで終了してしまっては、「せっかく時間とお金をかけた合コンの成果」としては残念!

 

好みの人がいようがいまいが、後日「個人的に全員にラインをするべき」ですよ。

 

「なんであの気持ち悪い人に私から送らなきゃいけないの」とか「そのラインを送る行為こそ無駄なんだけど」と思うかもですが、全員に個人的にラインをすることこそが「あなたの未来が明るくなる可能性を広げる」んです。

だって、参加者全員好みではなかったとしても「その人たちの知り合いにあなたの運命の人がいるかも」しれません。

それに、最初は興味が湧かなかった人でも「ちゃんと話してみたら実はすごく気が合う人だった」ということもあったりしますしね。

 

どこにどんな可能性があるかは誰にも分かりません。

 

少しでも自分の可能性を広げるために、合コンの時点では興味がないと思った相手だとしても、まずは全員にラインを送ることから始めましょう。

「全員にラインするなんて気が多い」とか「八方美人」とか「がっついてるとか思われないかな?」と心配になるかもですが、気にする必要はありません。

きちんと相手によってラインを使い分ければ、そういった誤解を生むこともないですよ。

 

 

好みの男性がいた場合

好みの男性がいた場合でも「合コン参加者全員」にラインしてOKですよ。

「ラインの内容」さえ分けてしまえばそれでOK。

が、「全員に送ったら狙っている男性からも引かれないかな?」と心配になる女子もいますよね。

 

そういった場合、「タイプの男性にのみお礼ラインを送って、他の男子には送らない」というのもありです。

 

そうすることで「あなたのことを気に入っている」というサインにもなりますし、相手も「自分だけ気に入られているなら頑張ってみようかな」と思うかもですしね。

 

スポンサーリンク

合コンのお礼メール例文!男性に好印象を与えるメッセージはコレ!

では、具体的にどのようなラインを送ればいいのでしょうか。

ここでは、「絶対にないと思う相手」、「興味はないけど絶対になしとは言えない相手」、「気に入った相手」の3パターンに分けて例文を紹介します。

 

①絶対にないと思う相手

あなた自身が「絶対にこの人はないな、好みじゃないな」と思った相手であれば、合コンを開催してもらう要員として繋がっておきましょう。

その人に対しては好印象を抱かなかったとしても、「その人の友達や知り合いに気が合う人がいる可能性」は0ではないですしね♪

 

「でも、あの人の友達なんて期待出来ないでしょ」と思うかもですが、これは自分で自分の未来の可能性を潰しているようなもの。

「なんでこんな人に?」と思う男性にこそ、意外に「イケメンの男友達」がいるものですよ。

 

ラインなんて30秒あれば送れるのですから、ひとまず送っておきましょう。

 

この時に注意したいのが「相手に勘違いをされないような文章」にすることです。

好意があると思われてしまったら面倒なので、「次回の飲み会依頼をメインにしたメッセージ」がいいでしょう。

 

「昨日はありがとうございました。○○さんすごく盛り上げ上手なので、一緒に飲んでいてとても楽しかったです!また飲み会しませんか?」
「昨日はありがとうございました。楽しかったです。よく△△付近で飲むって言ってましたよね?私もあの辺よく行くので今度みんなで飲みませんか?」

 

こんな感じで、一見やんわり見えるようで、かつはっきりと「みんなで飲み会をしたい」という希望を最初のラインで伝えることが大切です。

 

②興味はないけど絶対になしとは言えない相手

合コンは大体数時間ですし、その間もずっと1人の相手と話している訳ではないので、その場だけで相手を知ることは出来ません。

「特別いいなと思った訳ではなかったとしても、なしと思わなかった相手」なのであれば、今後発展する可能性は十分にありますよ。

 

後日一緒に出掛けてみる価値は存分にありますので、まずはラインを送ってみましょう。

 

もしかしたら「将来の彼氏」かもしれません。

現段階で興味がなければ自分から誘う必要はありませんが、まずは相手に好印象を与えるラインを送ることを意識してみてください。

例えば…

 

「昨日はありがとうございました。みなさん面白くてすごく楽しい時間でした!そういえば○○さんゴルフされるって言ってましたよね?私も始めたいと思っているんですけど、やっぱりまずは打ちっぱなしから行くのがいいですか?」

 

といったように、「相手が合コンで話していた内容」に触れ、さらにそのことについて質問をするのがおすすめ。

自分が話したことを覚えてくれている人は非常に印象がいいですし、さらには質問することによって会話が続きやすくなります。

段々とやりとりを交わすにつれ、少しずつ相手を知ることが出来ますよ。

 

そこで会おうという話になれば一度会ってみることをおすすめしますし、やりとりの中でやっぱり違うと思えば「合コンセッティング要員」へ切替しちゃいましょう。

 

③気に入った相手

最後に、合コンの時点であなたがいいなと感じた相手に対するラインです。

積極的にぐいぐい行きすぎると相手から引かれちゃうかもしれないし、かといってあっさりしすぎだとラインが途切れてしまう可能性もあるし、ここが1番悩むところですよね。

基本的には②のパターンと同様に、「相手の男性が合コンで話題に挙げていた内容」に触れるといいと思います。

 

「昨日はありがとうございました。楽しすぎてついつい飲みすぎちゃいました。○○さん日本酒大好きって言ってましたよね?銀座に日本酒バーってとこがあって、ずっと行ってみたいと思ってたんだけど日本酒好きな友達がいなかったんです。もしよかったら一緒に行ってくれませんか?」

 

と「相手が好きなこと、もの、よく行く場所」などについて話していた場合は、それに乗っかって誘ってみましょう。

誘うのはハードルが高いという人は、誘ってもらえるようなラインを送ってみましょう。

 

「昨日はありがとうございました。すごく楽しかったです。○○さん銀座あたりで飲むことが多いんですよね?私最近あの辺開拓したいと思ってて、おすすめのお店とかあったら教えてください。」

 

といったような分を送ったら「じゃあ一緒に行こうか」と言ってくれるかもしれません。

相手の言った内容に触れ、そのことについて自分も興味があるというアピールをするのが大切ですよ。

 

 

スポンサーリンク

合コン後のお礼連絡。好印象なメッセージ例文まとめ

いかがでしたでしょうか?

ネット上では「女性から連絡するな」とか「男性に追わせろ」といった内容をよく目にしますが、ファーストラインなんてどちらから送ってもその後の関係に大きな影響なんてありません。

気に入った相手がいなかった場合、まずは自分から全員にラインを送って、どんどん可能性を広げていきましょう。

 

もちろん、好みの男性がいた場合も、あなたから積極的にお礼ラインしましょう♪

むしろ、彼が「草食系な奥手な男子」だった場合、あなたからアプローチしないと関係は進まない可能性もあります。

気に入った女性がいても「自分じゃ無理だよな…」と諦めて自分から連絡できない男子もいるもの。

 

 

まずはあなたからお礼ラインを送ることで「この子のアピールしても大丈夫だな」と男性に思わせることができますよ。

また、彼にラインを送った後は「毎日ラインやり取り」を行い、デートや食事に誘うと彼との仲が進展しやすかも!?

頑張ってくださいね。