食事の誘い方 女性から上手に誘う方法。具体的な例文つき!

スポンサーリンク

この記事は約 11 分で読めます。

食事デートする男女カップル

 

気になる彼と食事に行きたい!

彼から「一緒にご飯行かない?」と言われたら喜んでついていくのに、向こうから誘ってくれる気配は全くなし…。

そんなときは、女性の方から誘うしかないですよね!

 

でも、何て言ったらいい?

いきなり誘って変に思われない?引かれたり迷惑にならないかな?

と、不安ばかりがつのると思います。

 

そこで「女性から食事を誘うときの方法や、手軽にラインを使って食事を誘うときのコツ」をご紹介。

 

好きな人、片想いの相手を食事デートに誘いたい女子はぜひ参考にしてくださいね。

もしかしたらこの食事デートがきっかけで彼と付き合えるかもですよ♪

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

女性から食事に誘うきっかけは?自然な口実はある?

食事に誘うときには、何かきっかけがあると誘いやすいものです。

そこで、「すぐにでも利用できるきっかけ作り」をご紹介していきます。

 

1人で入りにくいお店を誘う

ラーメン屋とか、焼肉屋とか、女性1人では入りにくいところも多いですよね。

そんなとき、一緒に男性がいると格段に入りやすくなると思います。

(もちろん、お構いなくおひとり様をできる素敵な女性もいると思いますが、ここはあえてかよわい女性を演じてください。)

 

「おいしそうなお店を見つけたんだけど、1人じゃ入りにくくて…。よかったら、一緒に来てほしいな。」

 

と誘えば、彼も誘いに乗りやすいです。

そして「行きたいお店に入れなかったあなたを助けた!」という満足感も出てくると思いますよ。

 

一緒に行く人の都合が悪くなったと誘う

コースなどが予約できるお店だと、この方法もオススメです。

 

「一緒に行く予定だった女友だちがどうしても来れなくなっちゃって…。せっかく人気店を予約したし、一緒に行かない?」

 

と誘ってみてください。

注意してほしいのは「一緒に行く予定だったのは女友だちである」ということをきちんと彼に伝えることです。

「本当は他の男と行く予定だったのに代わりに選ばれた」なんて思われたら、彼自身少し気分が悪くなるかもしれません。

 

そして、お店はきちんと「コース」で予約しておいてくださいね。

うっかり忘れてしまうと、作戦がバレバレに。

「あれ、予約してあったんじゃなかったの?」とつじつまの合わないことになってしまいます。

 

おいしいお店を見つけたと誘う

「この前行ったカレー屋さんがすごくおいしくて!もう1回行って、食べたいメニューがあるんだけど一緒に行かない?」

 

わたしは気になる彼と付き合う前、こう言って誘ったことがありました。

相手がカレーライス大好きということはリサーチ済みだったので、おいしいカレー屋さん情報があると、よくスマホにメモしていました。

一度自分が行ってみて、本当においしいところだと、彼にも食べてほしい!と思いますよね。

 

また、「このお店はリピートしたいほどおいしい。」という情報を彼に伝えることで、「そんなにおいしいなら、一度行ってみようかな。」という気にさせやすいですよ。

 

ちなみに食事に誘う時は「お店のジャンル」にも注意してくださいね。

男性が行きやすいお店、行きにくいお店がありますので要チェックですよ~!

 

おいしいお店を教えてと誘う

「おいしいお店見つけた!」の逆バージョンです。

彼がグルメな人や年上男性なら、より効果がある方法。

わたしは職場で年上の彼が気になったとき、

 

「大学のときはファミレスが多くて…どこかおいしいお店知りませんか?」

 

とよく聞いていました。

彼も社会人になって培ったグルメ能力を見せつけてやる!と言わんばかりにいろいろなお店に連れていってくれました。

 

連れて行ってくれたお店では必ず「こんなおいしいところ知らなかった~!!嬉しい!」とやや大げさなくらいに喜んでみてくださいね。

彼はきっと大満足ですよ。

 

 

スポンサーリンク

ラインで食事に誘うときのコツは?具体的な例文も紹介!

直接は言いにくくても、ラインなら言いやすいってこと多いですよね。

食事のお誘いもそうだと思います。

ただ、ラインで食事に誘う時にはいくつかのコツがあるので、そちらを一挙ご紹介します!

 

お店やメニューの写真を送る

「○○町というところに、○○屋というラーメン屋さんがあるんだけど、一緒に行かない?」

と文章だけでラインを送るよりも、まずは「そのお店の看板メニューとなるような写真」を送ってみてください。

 

そしてそのあとに、「これ、おいしそうじゃない??一緒に行こう!」と誘ってみてください。

 

雑誌で見つけたならその記事を撮って送ったり、お店のホームページのURLを送ったりするのもいいと思います。

実際にメニューを目にすることで想像もつくし、彼の食べたい意欲を引き出すことができますよ!

 

日にちを複数指定する

彼をラインでお誘いするとき、食事の日程を決めると思います。

そのときに注意してほしいのが、こちらの空いている日を複数教えるということです。

「○日空いてるんだけど、一緒にご飯行こう!」と言うよりも、

 

「一緒にご飯行こう!○日、○日、○日だと都合いいんだけど、大丈夫そうな日はあるかな?」

 

といったように複数の日にちを提案することで彼も都合をつけやすくなります。

もしその日1日しか提案しなかったら、「その日は会社の飲み会なんだ。ごめん!」と断られてしまった場合、次がすごく誘いにくいですよね…。

「せっかく勇気を出して誘うんだから、食事デートをできる日を取るんだ!」という気持ちでラインを送ってみてください。

 

スポンサーリンク

誘うときは最初にシンプルに!

ラインではまず、あいさつや近況のやりとりをする人も多いと思います。

 

「お疲れさま~。最近仕事どう?」

 

というように相手の近況をまず聞いて、場が温まってきたところで食事の誘いを…。

しかし!

それでは彼とダラダララインが続いてしまい、誘うタイミングを逃した、もしくは彼が寝落ちして既読スルー…なんてことになりかねません。(わたしはよくなっていました。)

 

そこで、相手を食事に誘うんだ!と決めたときは、まず最初に誘ってください。

 

「お疲れ様!一緒にご飯行かない?」と送り、都合のよい複数の日にちを提案。

これくらいシンプルなのが一番だと思います。

 

彼とまったりラインしたいというときは、相手の近況を聞いたり、自分の今日あったことをやりとりしたりもいいと思うのですが、何かを決めるときは最初に決めないと話がどんどん流れてしまいます。

また、食事デートで会う前にラインで話し過ぎて、実際会ったとき会話が進まない…なんて悲劇を生むことにも。

付き合う前の彼とはシンプルに予定を決めて、会ってからたくさん話しましょう。

 

次の約束も取ってしまう(次の食事への繋げ方)

これは、食事に無事行けたあとに実行してほしことです。

 

「今日はおいしかった~。ありがとう!次は、パスタのおいしいお店見つけたんだけど来週土日のどっちかで行かない?」

 

と、ありがとうラインと同時に次の約束も取ってみてください。

デート中に言うのもいいと思うのですが、「なかなか緊張して言えない!」というときはラインが一番。

また、一度会ってから日が経ってしまうと食事に誘いにくくなりがちなので、彼と自分がある程度仲良くなったその日のうちにラインで次回のデートも決められるとスムーズです!

 

もしくは2回目デートは他の場所でもいいですね。

こちらの他デートの情報もまとめていますので参考にしてくださいね♪

 

食事の誘い方 男性を上手にランチやディナーに誘う方法まとめ

いかがでしたか。

付き合う前のデートって食事が最も行きやすいと思うのですが、誘うのはなかなか難しいんですよね。

でも、一緒に食事をすると仲も深まるし、たくさん話すこともできるので楽しいことは間違いありません。

 

きっかけづくりとラインのコツを参考にして、彼とおいしく楽しい食事デートができるように頑張ってみてくださいね!

 

それから、食事後は「会計問題」が出てきますよね。

会計の仕方で「次があるかどうか」と言っても過言ではありません。こちらも忘れずにチェックです!