草食系男子の落とし方。付き合うまでのアプローチ方法って?

スポンサーリンク

お菓子を差し出す可愛い女子

気になる彼がいるけど、あまり恋愛には積極的でない草食系な人。

いつか付き合いたいと思っているけど、このままじゃ無理かもしれない…。

 

そんな風に落ち込んでいる人も多いのでは?

でも大丈夫。

少しのコツをつかめば、草食系男子とも仲良くなってお付き合いすることができます!

 

今回は「草食系男子と仲良くなる方法」と、「付き合うためにはどうすればいいか」をご紹介。

 

草食男子・・・つまり「シャイで奥手な男性」が好きで片想いしている女子はぜひ実践してみてください!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

草食系男子の落とし方。仲良くなるにはどうすればいい?

草食系男子って、仲良くなるのがなかなか難しいものです。

そもそも彼がシャイ&無口で女の子を避けているような性格の場合、話すのですらやっと…なんてことになりかねません。

ではどうのように仲良くなっていけばいいか見ていきましょう。

 

趣味を合わせる

相手と趣味を合わせる。

これは最も距離が縮まりやすいです。

 

わたしは大学のとき好きだった人が草食系男子だったことがあります。

そこで、もっと彼と仲良くなるために彼の趣味は何なのか観察したり、周りの友だちに協力してもらったりして調べたことがあります。

 

結果、彼の趣味は音楽だということが判明。

「○○のCD持ってたら貸してほしいな。」と物のやりとりをするところから始めていきました。

音楽の話だと、彼も壁を作らず話してくれたので、それからはよくCDの貸し借りをする仲になれましたよ。

 

相手の趣味を知って合わせるということで、心の中に入りこむことができるのでオススメです。

 

会う回数を増やす

一日に何度も会う。

これは実行しやすいし、効果も出やすいです。

 

「ザイアンスの単純接触効果」という言葉、みなさん知っていますか?

数年前に心理学科を卒業したわたしが覚えている、数少ない法則の名前…。(いろいろ習ったのに社会人になるとあっという間に忘れていきました…。)

 

少し分かりやすく説明させていただきます。

ザイアンスというのは、この「単純接触効果」を論文で発表した人の名前。

 

「単純接触効果」というのは、繰り返し会うことで好意度が上がり、相手への印象も良くなるというものです。

 

この単純接触効果、恋愛においてとても使えますよね!

彼となるべく会うようにして、相手の自分に対する印象を高めてもらうのです。

そうすれば、いざ話しかけたときに彼との会話もスムーズに進むかもしれませんよ。

 

また、会った時は「会話の内容」や「彼の視線」から脈アリor脈ナシ度をチェックできますので。

「彼が今どのくらいあなたに好意があるのか」を一緒に確認してみてくださいね。

 

・相手を褒める

草食系男子は、女性と接することに億劫さを感じていたり、自信がなかったりすることが多いです。

そこで、彼に「わたしと会うと嬉しい気持ちになるよ。」ということを擦りこむことが大事。

 

そのためには、褒めまくってください。

 

みなさんも幼い頃、よく褒めてくれるおじいちゃんやおばあちゃん、親戚のおじさんなどは、会うのが楽しみではなかったですか?

草食系な彼にも、それと同じ気持ちを思い出してもらうのです。

 

彼に会ったときに「その服、かっこいいね!」とか、「髪切ったんだ!すごく似合ってるよ。」とか、とにかく褒めることを意識してみてください。

わたしも草食系男子が気になっているときは意識して褒めまくっていたのですが、ネタが尽きて最終的には「字がすごく上手いね!」と筆跡を褒めたこともあります。

とにかく褒めれるところは全部褒めて、彼に「この子と会うと、気分良くなるな。」と思ってもらえるようにしましょう!

 

スポンサーリンク

草食系男子と付き合うまでのアプローチ方法は?

草食系男子と距離が近づいてくると、今度はデートに行きたい!と思うのではないでしょうか。

恋愛に積極的でない男性とのデートは、一体どのようにすればいいのか分からなくなりますよね。

そこで、草食系男子と付き合うための方法をご紹介していきます!

 

デートの計画は自分で

付き合う前でも後でも、デートすることになったときは、基本女性のあなたが計画を立てるようにしてみましょう。

 

たまには彼に計画を立ててほしいと思うかもしれませんが、草食系男子の彼にとってはデートの計画を立てるなんてハードルが高く、最悪ドタキャンなんてことにも…。

 

なんだか1人で計画立てるのも嫌になっちゃった…。

というときは、彼に選択してもらうようにしてください。

 

例えば、次のデートはカレー屋さんに行くと決めたとします。

そこで彼に、「こっちとこっちのカレ―屋さんだったら、どっちに行きたい?」と選んでもらうのです。

 

少し選ぶことに慣れてきたら、カレ―屋かお寿司屋で選択をしてもらう。

もっと慣れてきたら遊園地にいくか、動物園にいくかを選択してもらう。

最終的には旅行の行き先を選択してもらう…というように、あらかじめ自分が大枠を決めて、具体的なことは彼に決めてもらうというようにすれば、自分1人で考えて舞い上がっている感も減っていきますよね。

 

また、彼も自分で計画できないことを申し訳なく思いすぎることもなく、最終的に決めているのは自分だ!ということが自信につながってくると思います。

 

ラインは積極的に

草食系男子の人って、「面と向かって会話が弾まなくてもラインでは普通にやりとりできる」こともあります。

 

だから、ラインはやや積極的に送ってみてください。

 

ただ、返事が来ていないうちからの連続送信には気をつけてくださいね。

「女の人って、やっぱり面倒くさいし怖い!」と、彼の心が塞がってしまうかもしれません。

 

普段口に出して言うと恥ずかしい、「好き」とか「デート楽しかった」とかも、ラインだと送れることってありますよね。

また、絵文字を使うことでお互い気持ちを表現しやすいという利点もありますよ。

 

2人になれる空間をつくる

草食系男子の人って、周りに人がいるとますます奥手になってしまいます。

あなたとデートするようになったとしても、最初は人が多い所には行かないほうがいいかもしれません。

 

例えば、カフェや公園でゆっくりするなどの落ち着いたデートだとオススメ。

 

また、いきなりどちらかの家に行くというのは草食系男子の場合はNG。

恐らく話が出た時点で、断られてしまうと思います。

彼と2人、人ごみを避けてのんびりデートを心がけてみてくださいね。

 

おすすめは「食事(個室)」や「映画館(シャイな男性でも話さなくていいのでハードル低い)」、あと歌が得意な人なら「カラオケ」ですよ~。

 

したくないことを聞く

草食系男子と付き合い始めたころ、わたしは「彼が何を好きで何を嫌いなのか」あまりよく分かっていませんでした。

もともと口数が多い彼ではなかったし、気づけばわたし1人が喋っていて、彼が横で「うん、うん。」と頷いているような関係に。

 

それはそれで穏やかで良かったのですが、彼のことをもっと知りたいと思ったとき、「何が好きか教えて。」と聞いたことがあります。

でも、あまり思い浮かばない様子。

そこで、「じゃあ、したくないことを教えて。」と聞いたところ、答えてくれたことがありました。

 

彼の嫌いなものは、電話と人ごみ。

 

当時ラインはよくしていたけど、電話はあまりしなかったので少し不満に思っていたわたしですが、彼が苦手ということを聞いて納得しました。

また、ディズニーランドに一緒に行こうと提案しそうになっていましたが、人ごみが嫌いと聞いて、温泉旅行に変更。

普段から意見を主張しない、優しい彼だったので「もしかして今まで我慢してくれたこともあったのかな…。」と申し訳なくなりました。

 

ですので、「したくないこと」を聞くことってとても重要。

 

いつの間にか、彼のテンションが下がっていた…なんてことになったら残念ですよね。

草食系男子とお付き合いするときは相手の嫌なことは、今まで以上に知っておく必要がありそうです。

 

シャイで奥手な男性の落とし方まとめ

いかがでしたか。

草食系男子って、優しくて温和でわたしは付き合っていて癒された思い出がたくさんあります。

でも、付き合う前や付き合いたてだと、相手が何を考えているのかよく分からなくてモヤモヤしがちですよね。

 

今回の記事で、そんなモヤモヤが少しでも晴れればと思います。

草食系男子を落とすためにも、相手のことを理解する姿勢を持って、良いお付き合いができるよう頑張ってみてください!

 

また、奥手な男性は自分からアプローチできないものです。

彼と付き合うには「あなたからデートに誘い、あなたから告白する」のが一番の近道ですよ~。