彼氏実家にお泊まり 持ち物リスト。パジャマやエプロンは必要?

スポンサーリンク

キャリーバッグに荷物を詰め込む女子

 

恋人との付き合いが長くなると、彼氏が実家住まいの人だけでなく、遠方のご両親にお会いする場合など「実家にお泊りさせていただくシーン」が訪れると思います。

特に結婚前提だと「年末年始やお正月、ゴールデンウィークやシルバーウィーク等の大型連休に泊まりに行く」という人もいるでしょう。

泊まりでなくとも、会うだけで緊張する彼氏の家族。宿泊ともなるとかなり強く緊張する人が多いのではないでしょうか。

 

そこで悩むのが「彼氏の実家に泊まる時の持ち物」ですよね。

 

緊張のあまり忘れ物をして「彼の家族に借りる」なんて事になったら印象が悪くなってしまいます。

できたら彼ママやパパには好印象を持たれたいもの。

 

このページで「彼氏の実家に泊まる場合の荷物」をあらかじめ勉強しておきましょう!

 

結婚の挨拶などで泊まる場合はもちろん、旅行も兼ねて気軽に泊まりに行くという場合の参考になりますのでぜひ読んでみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

彼氏の実家に泊まる時の持ち物。パジャマを借りるのはNG?

彼氏が普段一人暮らしなら、その家に泊まりに行くときは「着替えとポーチ」だけあれば十分だったりしますよね。

恋人の家に泊まるのに、わざわざ「バスタオルやパジャマ」なんかを一々持っていく人は少ないでしょう。

親戚や友人の家に泊まる場合でも、タオルやパジャマ(寝巻き)、洗面道具の類は借りることが多いと思います。

 

でも、彼氏の実家に泊まる場合はその気分でいてはダメです。

 

特に初対面の場合は要注意!

彼氏の家族が、あなたをどんなテンションで迎え入れてくれるかはわかりません。

正直乗り気じゃなかったり、あなたに対して良い印象を持っているわけではない可能性もあります。

 

一々、“あれ貸して”“これ貸して”言えるのは、仲の良い関係だからこそ。まだよい関係も築けていないうちからあれこれ頼っていては、印象が悪化してしまうかもしれません。

他の場所に泊まる場合には持ち歩かない「タオル類やパジャマ」もしっかり持って、必要なものは全て自分で用意するつもりで、荷物を作りましょう。

 

スポンサーリンク

彼氏の実家にメイク道具はどのくらい持っていく?

必要なものは全て自分で用意して出かけようといいましたが、あまりに荷物が多いのは考え物です…。

玄関を開けて海外旅行に行くような大荷物を持った人がいたらぎょっとしませんか?

 

私が特に注意してほしいと思う持ち物は、メイク道具です。

 

基礎化粧品~フルメイクをしようと思うと、人によってはものすごい量のコスメを持ち歩かなくてはならなくなるでしょう。

実家に帰るのなら母親や姉妹のコスメや基礎化粧品(化粧水や乳液、メイク落とし)等を借りることもできますが、彼氏の実家でそれをするわけにはいきませんよね。

彼氏の家族とすごく仲が良いのなら、それも良いと思いますが、そうじゃない場合はやめておきましょう…。

 

ものすごい大きいメイクポーチって、彼氏のご家族からみて好印象ではないと思うんですよね。

きれいに身支度することはよいことですが、過剰に外見を気にすることは一般的に良いこととはされていません。

「見た目ばっかり気にしている」女の子と思われたら嫌じゃないですか?ですから、メイク道具はしっかり厳選することをお勧めします。

 

そして、スキンケアからメイクアップまで、みなさんどのくらい時間がかかりますか?

5分や10分で完了する人はいつも通りでOKですが、それ以上かかるという人はちょっと朝の光景を想像してみてください。

初対面の女の子が「朝洗面台を何十分も占領している」のってどう見えるでしょうね…??私が彼氏の実家サイドの人間なら、嫌ですね!印象最悪です。

 

ですから、しっかりメイクの人は事前に「時短メイクが可能になるようなアイテム」を見つけておくことをおすすめします。

 

スキンケアならオールインワンのもの。乳液~お粉までを一つにまとめられるBBクリームやCCクリームも良いと思います。

この二つは時短+持ち物を小さくする、両方の意味で有用です!

このほかにもリップ&チーク両方に使えるものや、メイクパレットなども持ち物を少なくするうえでは役に立ってくれますよ。

 

毎日髪をアイロンで巻いている人や、毎朝ブローしてヘアセットしている人も多いかと思います。

 

手抜きに見えては嫌ですが、彼氏の実家に泊まった翌日には、そのようなセットはしない方がよいと思いますよ。

まずアイロンやお気に入りのドライヤーまで持っていくのは、やりすぎです。荷物が大きくなるし、持ってきたことを驚かれてしまうでしょう。

そして、メイクと同様で洗面台を長時間占有するのも避けたいですよね。

 

彼氏の実家に泊まる場合は、翌朝はアイロンやドライヤーが不要なヘアアレンジをできるようにしておきましょう!

そのためにヘアゴムやヘアピンなど忘れないようにしてくださいね!

ヘアアレンジが苦手な人は、いざというときのために簡単なアレンジを練習しておくことをオススメします。

 

スポンサーリンク

パジャマ以外にお風呂上がり用の部屋着を準備していると安心

彼氏の実家に泊まる場合、結構気まずいのがお風呂上がりの時間ではないかと思います。

 

彼氏の実家に泊まる場合、フレンドリーなご家庭なら「お風呂上りにもご家族とお話しするシーン」があるかとおもいます。

 

少なくとも私の経験では、お風呂から上がってしばらくは彼のお母さんと一緒にテレビを見る時間がありました。特に彼氏がお風呂に入っている時間は結構緊張しましたよ…。

私の様に風呂上がりの姿で長時間同じ部屋で過ごさない場合もあると思いますが、そうじゃなくても「ばったり家の中で会う可能性」はありますよね。

その時にノーブラのパジャマ姿では結構気まずいことになるのではないでしょうか…。

 

彼氏に実家の習慣を聞いておいて「寝る直前に入浴するタイプでない場合」は、パジャマ以外に「お風呂上りに着る部屋着」を用意しておくと安心です。

 

ふわふわメルヘンなかわいい部屋着ではなく、Tシャツにイージーパンツのような「リラックスした露出度低めの洋服」がベストです。

そして、寝る直前に入浴する場合でも、ノーブラで家の中をうろつくのは避けましょう。

ばったり彼氏のお父さんとであったら、お互いものすごく慌てると思いますよ…。

 

それを避けるために、ブラトップやナイトブラを用意しておくとよいですよ。

自分としても風呂上がりの時間の不安な気持ちを大幅に低減してくれるし、彼のご家族もあなたの必要以上にくつろいだ姿を見ることがなく、お互いに安心できます。

 

スポンサーリンク

彼氏の実家に泊まりに行く時の必需品

その他「彼氏の実家に泊まりに行く時に必須なアイテム」を紹介しておきますね。

特に「初めて泊まる」or「付き合いたてで泊まる」場合は以下の持ち物も持っていきましょう。

 

手土産

間違いなく必需品です。

たとえ彼や彼ママから「手土産なんて準備しないでもいいよ」と言われていたとしても準備しましょう。

 

手土産1つあるのと無いのとでは印象が全然違います。

 

それに、手土産(お菓子)は彼氏の家族との会話ネタにもなりますしね。

必ず準備しましょう。

 

「具体的にどんな手土産を準備したらいいのかわからない」という人は以下の記事で詳しくまとめていますので読んでみてくださいね。

 

 

エプロン

彼氏の実家に泊まるということは、高確率で「一緒にご飯を食べる」ということ。

 

ということは・・・ご飯の準備や後片付けを手伝うということになります。

 

この時、お客様感覚で「ただぼ~っと座っているだけ」では印象が悪くなります。

彼のお母さんが「ご飯の準備や片付け」を始めたら、エプロンを出しつつ「手伝います」と声を掛けましょう。

もちろん、手伝いましょう。

 

ただし、人によっては「台所に他人は入って欲しくない」という人もいますので、彼氏に「お母さんがどちらのタイプか」を事前に聞いておくと良いですね。

もし、「全部自分でやりたい派の母親」なら「手伝います」とだけいい、その後断られたら無理に手伝う必要はありませんよ。

 

詳しくは以下の記事を読んでみてくださいね。

 

 

ナプキン

たとえ「生理予定」ではなくても持っていきましょう。

彼氏の実家ってストレスが溜まりますよね(母親や父親とのやり取りはストレスマックスです)。

女性の体はストレスに弱いもの。

 

ストレスで生理の予定が変更になる・・・という可能性は十分あります。

 

ひとまず「3~5枚」はナプキンを持っていき、もし生理が始まった場合には近くのお店で買い足すと良いですよ。

また、この際「普段はタンポン派」という女性も「ナプキン」を持っていくことにしましょう。

彼ママ世代だとタンポンに抵抗がある人もいるかもですので。念のためにナプキンの方が良いでしょう。

 

こちらの記事も要チェックですよ!

 

彼氏の実家に泊まる時に準備するものまとめ

緊張必至な彼氏の実家へのお泊り。今回は荷物に注目して注意点を挙げてきました。

不安に感じれば感じるほどあれこれ荷物に詰めてしまいそうですが、冷静に荷物を厳選しましょう。

 

彼実家に到着してから出発するまで色々なシーンを想定してみて、必要不可欠な荷物をしっかり考えてみてくださいね。

 

あなたにとっても、彼氏にとっても、そして彼氏のご家族にとっても、楽しい訪問になることを願っていますよ~!!