40代男性は恋愛に慎重?ベストなアプローチ方法についてご紹介!

スポンサーリンク

この記事は約 10 分で読めます。

恋愛に慎重な40代男性

 

40代男性に魅力を感じて、お付き合いしてみたいな~と思っている女性もいるはず。

大人な姿って、頼りがいがあってセクシーさもあるから素敵ですよね。

ですが、40代男性へのアプローチ方法って一体どうすればいいか迷いませんか?

 

同世代のように気軽にデートに誘っていいの?とか、

どんな話題をふればいいの?とか、

いろいろと考えてしまいますよね。

 

そこで「40代男性へのベストなアプローチ方法」についてご紹介していきます。

 

「40代以上の男性が気になっている」「40代以上の男性とデート中だけど、なかなか関係が進展しない」といった女性はぜひ参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

40代男性の恋愛観について知ろう

内面を重視して恋愛をする

若いときは、女性を外見で選んでいたという男性もいるはず。

 

ですが、40代になると、外見重視から内面重視の方へ恋愛観が変わっていきます。

 

その理由は、一緒にいて癒しや落ち着きを得たいから。

ノリや勢いで楽しんでいた20代のころと比べ、40代は心の安定を求める世代と言えるのです。

また、どれだけ外見がきれいな女性でも、いつかは年老いていくことを理解しているのも40代の特徴。

そのため、内面でのフィーリングを重視する傾向にあるのです。

 

熱するまでに時間がかかる

若いときは「好みのタイプ!」というだけで、デートに誘ったり連絡先を聞いたりできた人たちも、40代になるとやや慎重になっていきます。

また「この子いい子だな…。」と思ったとしても、それがなかなか恋愛感情に発展しないことも。

 

過去の恋愛経験や、周りの結婚生活の様子、離婚の話や浮気の話などを耳にしていることが多くなるため、熱するまでに今まで以上に時間がかかるようになってしまうのです。

 

また、長い年月をかけて理想とする女性像が高くなっているということも考えられます。

「ここまで来たんだから、本当に愛せる人と…」という感情が先立って、気軽に恋愛できないのも40代男性の特徴と言えます。

 

恋愛に慎重になっている

40代になると「結婚を意識している男性」と、「結婚を全く考えていない男性」の両極端に別れると思います。

また「結婚はしたいけれど子どもは欲しくない」とか、「1日でも若いうちに子どもが欲しい」とか、未来への設計図が具体的になっていることも。

そのため、その設計図通りに物事を進めたい気持ちが優先して、恋愛に関してより慎重になっているケースが多いのです。

 

その他、

 

  • 結婚後に自分のお金が減ってしまうこと
  • 自由な時間がなくなること
  • お互いの家族との同居問題
  • 女性との年齢差がある場合は、年齢差問題

など、今まで周りを見てきて「大変そうだなぁ…。」と感じていたことが、自分の身に降りかかってくると思うと、なかなか前に進めないということも。

40代男性のガチガチに固まってしまった心は、ちょっとやそっとじゃ動かせないことだってあるのです。

 

スポンサーリンク

40代男性へのアプローチ方法4選

年齢差を気にせず接する

年の差恋愛になることが多い40代男性との恋愛ですが、できるだけ年齢差を気にせず接するようにしてみましょう。

ただし、ここで注意してほしいのはフランクに接するというわけではないということ。

同世代のノリで「今からディズニー行こうよ!」とか「ちょっと遅いけど会えない?」とか、そういった接し方だと男性も疲れてしまいます。

 

年齢差を気にしないというのは、中年扱いしないということ。

 

「もう年なんだから…。」とか「体力的に大丈夫ですか。」とか、こういった言葉ってすごく相手を傷つけてしまうことがあるのです。

誰だって中年扱いされたら少なからず傷つくもの。

40代=年を取っているという考えをしないようにして、対等に接してみるようにしてください。

 

自立できている自分をアピールする

年上男性って、頼りがいがあってつい甘えたくなりますよね。

もちろん、年下として、女性としてたまにかわいく甘えてみるのはアピール方法としてアリだと思います。

ですが、甘えっぱなしだと男性側の負担は大きくなるばかり。

 

そのため、自分自身も仕事や趣味などに集中していて、自立した女性であることをアピールしましょう。

 

一人の時間を上手に使える女性は、男性も一緒にいて気持ちが楽になるものです。

依存するのではなく、自立し合った関係でいられることを目指してみましょう。

 

素直さを武器にする

40代男性は、知識が豊富な人が多いです。

仕事やプライベートでの経験も増えてきて、あなたの知らなかったことや初めて体験することをいっぱい教えてくれるかもしれません。

そんなとき、彼と張り合って自分たちの周りで流行っていることをあからさまに見せつけるのはNG。

 

「やっぱり自分っておじさんなんだ…。」と落ち込ませてしまうことになりますよ。

 

知らなかったことを教えてもらったときは、素直に「ありがとう」とか「また色々教えてください」とお礼を言うことが大切です。

彼よりも若いからこそ素直さを武器にして、頼りにしていることをアピールしていきましょう。

 

さり気ない気遣いを忘れない

中年扱いはNGですが、精神面、体力面においてのさりげない気遣いを忘れないことはとても大切です。

40代男性は、仕事が忙しい人が多く、休日は遊んで過ごすよりもゆっくりしたいと考える傾向にあります。

そのため、デートのたびに外出をせがんだり、毎晩遅くまで電話をしたりするのはやめておきましょう。

 

「今度会えるときは、私の家でのんびり過ごしましょう。」とか「明日も早いしそろそろ帰りましょうか。」とか、相手を気遣って負担をかけない過ごし方を意識してみてください。

 

 

相手がバツあり男性の場合は…

彼がどちらのタイプかをチェック

40代男性の中には、バツあり男性もいるはず。

そういった方にアプローチしたいときは、2タイプのうちどちらかを見極めてから方法を考えるようにしましょう。

 

結婚生活に疲れ切ったタイプ

まず1つめは、結婚生活に疲れ切ったタイプ。

こちらは、前妻との生活に疲れ果て、女性に対してあまりいいイメージを持っていないことが多いです。

また、恋愛はしてもいいけれど、結婚はもういいかな…と考えているケースも多いのが特徴です。

次の恋愛に進みたいタイプ

2つめは、反省を活かして次に進みたいタイプ。

こちらは、結婚生活においては特に悪い印象は持っておらず、できれば前回ダメになってしまった部分を改めて活かしていきたいという人です。

こういった人は、次の結婚を決めるのも早いことが多いです。

 

結婚生活に疲れ切った彼へのアプローチ

こういう彼に対して、結婚の話を仕切りに出すのはNG行為!

「女ってすぐにそうだ…。」と遠ざけられてしまうことがありますよ。

まずは彼の疲れた心を癒すことを優先して、一緒にいて楽しいと思えることをたくさんしてみてください。

 

反省を活かして次に進みたい彼へのアプローチ

結婚に対して前向きな姿勢がある彼には、積極的にアプローチしてOKです。

連絡をとって、デートも思う存分楽しんでいきましょう。

ただ、離婚の理由をしつこく聞いたり、前の生活の様子を聞き出そうとするのはやめておいた方がいいです。

彼が話してくれるまで待って、良好な関係を築いていけるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

40代男性の恋愛事情まとめ

恋愛に慎重なことが多い40代男性。

的確なアプローチ方法を選んで、彼の心に癒しを与えていくように頑張ってみてください。

落ち着いていて、頼りがいがあり、柔らかい空気を持った40代男性との恋愛は、女性にとって楽しいこともたくさんあると思います。

彼との時間を大切にしながら、好きという思いを十分伝えていきましょう。

 

こちらの記事も一緒にチェック!