40代男性のライン頻度ってどれくらい?連絡は少ないのが普通?

スポンサーリンク

この記事は約 9 分で読めます。

 

40代男性とお付き合いしているor最近気になって連絡を取るようになったという女性の皆さん。

何だか彼ってラインの連絡頻度が少ない…?と不安になってはいませんか。

「本当はもっとマメにラインをしたいけれど、あまりしつこいとウザがられる?」とか、「若いノリについていけないと呆れられる?」とか、いろいろと不安になってしまうと思います。

 

そこで「40代男性のライン頻度」について徹底調査!

 

ラインに対する価値観や、理想の頻度についてご紹介していきますので、40代男性に片思い中の女子はもちろん、彼氏が40代男性という女性の皆さんもぜひ参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

40代男性のライン頻度が少ない?彼の心理は?

連絡手段の一つとして考えている

40代男性にとっては、「ラインは便利な連絡手段の一つ」として考えられていることが多いです。

 

そもそも彼らにとって、ラインが登場したのは社会人になってから。

学生時代から、ラインに慣れ親しんできた人たちとの価値観とは違って当然のこと。

私たちにとってコミュニケーションとして大いに盛り上がれるものだとしても、40代の彼からすると「必要事項以外は特に連絡する必要がない」と感じている人もいます。

 

だから、彼が素っ気ない感じに思えてもいちいち傷つく必要はなし。

彼にとっては連絡手段の一つなんだと思うと、随分気持ちが楽になりますよ。

 

忙しくて頻繁に返信できない

ラインは気軽にやり取りができる便利なツールですが、忙しい彼にとってはマメに確認している暇がないということもあります。

「ラインの通知くらいすぐに見れるでしょ!?」と思うかもしれませんが、スマホを仕事中何度も確認するのはさすがに難しいこともありますよね。

会議中や商談中、接待中などにスマホばかり見ているのでは、仕事に支障が出てしまいます。

 

同世代の男性だと、マメに返信してくれるのに…と思ってしまうかもしれませんが、「返信がない=自分に興味がない」と短絡的に考えてしまうのはNG。

彼は今、忙しくて頑張っているんだと理解を示すことが大切ですよ。

 

若すぎる内容を送るのが恥ずかしい

私たちにとってのラインって、スタンプを送り合ったり、気軽に写真を送ったり、何か一言メッセージを送ったりと気軽にコミュニケーションをとれる大切なツールですよね。

ですが、40代の彼からすると、自分がそういった内容を送るのが恥ずかしいという場合もあります。

 

「こんなおじさんがスタンプなんて送ったら引かれる…?」とか「唐突に飼い猫の写真とかイメージに合わない…?」とか、男性なりにいろいろと考えてしまうこともあるようです。

ラインを使い慣れていないことも、連絡頻度の少なさにつながっていると言えます。

 

スポンサーリンク

40代男性の連絡頻度はどれくらいが一般的?

仕事に集中したいときは少なくなる

彼が仕事モードに入った時は、連絡頻度は少なくなると思っておいた方がいいです。

その理由は、一度返信をすると、その後もやり取りを続けることになってしまうから。

 

あなたのことが気になるからこそ、返事そろそろ来ているかな?とか、さっき何て送ったっけ?とか、仕事中でも頭の片隅にラインのことが思い浮かんでしまうようになります。

そうすると、当然仕事の効率は落ちるし、集中力がなくなってしまいますよね。

そうならないためにも、仕事に集中したいときはスマホを見ないと決めている男性もいるくらいです。

 

少し不器用なようにも思えますが、それは彼がまじめである証拠。

彼の仕事の繁忙期などが分かっていると、連絡が少なくなったことに慌てることなく過ごせそうですね。

 

時間に余裕があればできるだけ返信したい

仕事も慣れて、生活も安定しているという男性だと、できるだけ返信はしたいと考えている人もいるようです。

また、あなたの送るかわいいラインに癒しを感じているということも。

だから、彼が素っ気ないからとあなたも淡々としたラインを送る必要はありません。

彼がコンスタントに返事を返してくれるなら、楽しんでくれている証拠だと思います。

 

一日2~3通が理想的!

同世代の男性だと、一日に何十通もラインのやり取りをしていたということもあるはず。

ですが、忙しく仕事においても責任感のある内容が増える40代男性としては、一日2~3通のやり取りが理想的と言えます。

 

これを聞いて「そんなの少なすぎ!」と思ったあなたは要注意。

ラインに依存する気持ちが大きくなってきているのかもしれませんよ。

例えば、朝起きて「おはよう」昼に「お仕事頑張ろうね」夜に「おやすみなさい」のあいさつラインだけでも、十分繋がっている感じを実感することはできますよね。

 

また、彼から返信が欲しいからと、やたら長文で悩みを送ったり、質問攻めにしたりするのはNG。

彼からしてみたら、返信を返さなきゃ!という使命感に襲われて、ますますラインの返事が遠のくという悪循環になりかねませんよ。

 

スポンサーリンク

40代男性とのラインで注意したいポイント

連続ラインには要注意

一度ラインを送ったのに、返信が来ないと不安になりますよね。

既読になったか、通知は来ていないか、頻繁にスマホをチェックしてしまう女性も多いと思います。

そんなときにやりがちなのが、しつこく連続してラインを送ってしまうということ。

 

彼が気づいたときには通知マークでいっぱい!なんてことになったら、ウザがられてしまっても仕方ありません。

彼ともっとやり取りしたいという気持ちがあるかもしれませんが、連続して送るのはほどほどにしておきましょう。

 

長文&重たい内容は避ける

彼にとっては連絡手段の一つであるライン。

でも、あなたにとっては大事なコミュニケーションツールであるという場合、ここにギャップが生じてしまい、長文&重たい内容を送りがちになってしまいます。

彼に聞いて欲しいことがたくさんあるから…と、スクロールしても読み終わらないほどの内容を送るのはやめておいた方がいいです。

 

そもそも、ラインは短文でテンポよくやり取りできるところがメリットであるとも言えますよね。

また、ずっと文章として残るからこそ、重たい内容が画面に表示されるのは彼からしても精神的に負担になるものです。

相談事は、電話や直接会ったときにして、ラインではなるべく明るく短めの話題を選んでみるようにしましょう。

 

40代男性のラインやメール頻度まとめ

40代男性のラインの頻度が少ないのは、仕事の忙しさやラインに対する価値観の違いにあることが分かりました。

彼らにとっては、ラインは便利な連絡手段。

頻繁にやり取りをしたり、長文を送り合ったりするものではないと考えていることを理解しましょう。

忙しい彼の心を少しでも癒せるように、普段から送る内容や回数に気を付けて楽しくラインのやり取りをしていってくださいね。

 

こちらの記事も一緒にチェック!

 

 

え?無料で恋愛のプロに相談できるの?

「彼は私のことをどう思ってるの?」

「彼氏と別れるべき?どうすればいいの?」

そんな悩みもプロに相談すると解決するかも…!?

 

\今なら新規会員登録で3,000円の無料クーポンプレゼント♪/

*最大30分無料で占えます。会員登録しただけではお金はかかりません*

 

あなたにオススメの記事



年の差恋愛
hinanoをフォローする
~クーピーデイズ~ 男性心理を知って毎日トキメキたい!