男性が家に誘う心理。付き合う前に誘われるのは下心あり?

スポンサーリンク

頭をかく男性

 

「気になる男性に家に誘われた。でもこれって体目的ってこと?」とか

「付き合ってないのに家に行ったら軽いと思われるかな?」など、

悩みが尽きない、付き合う前のお家デート。

 

好きな人と2人きりの空間にいられるのは嬉しいけど、「彼は下心で誘っているのか」なんて悩んでしまいますよね。

‘家に行く=自分もそのつもりと思われる’といった考え方を持つ人もいるため、非常に判断が難しい問題です。

 

そこで今回は、「付き合っていないのに家に誘う男性の心理」について紹介しますね。

 

気になる男子からお家デートに誘われた女性・・・必見です!

もちろん片思いの好きな男性からだけではなく、何回かデートしていて「友達以上~恋人未満な相手」から一人暮らしのアパートやマンションに呼ばれた女子も参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

男性が家に誘う心理と理由。家に呼ぶ男子の本音を紹介

男性が女性を家に誘うのは、代表的な例として下記のような理由が考えられます。

家に誘ってきたお相手の男性がどれに該当するのか、ちょっと想像してみてください。

2人きりでゆっくり過ごしたいから

家というのは特別な空間であり、自分のテリトリーとも言えます。

そんな特別でリラックスできる空間で好きな人と2人きりで過ごす時間は、何物にも替えられない至福の時です。

 

彼もあなたが好きだから、2人きりで過ごしたいと思って家に誘ったという可能性は大いにあり得ます。

 

外で食事やデートをするのもいいですが、誰にも邪魔されずに2人の空間を楽しみたいと思ったのかもしれません。

まったりと家デートを楽しむのも良いですし、男性好みの料理を作ってあげるのもオススメですよ。

 

特に男性は女性に対して「料理上手な女性」な憧れをもつもの。

 

料理で胃袋を掴んでしまえば、彼の高感度がアップすること間違いなしですよ。

料理が得意じゃない女性でも、「簡単な料理いくつか」だけを覚えていれば大丈夫ですので問題ありませんよ~。

あと、アレでしたら「一緒に鍋やたこ焼きを作る」というのもオススメです♪

 

 

下心があるから

残念ながらこのパターンも少なからずあります。

 

2人の他に誰もいないため、体の関係に持っていきやすい状況であるからです。

 

必ずしもそうとは言えませんが、ろくに話したこともないのに家に誘われたり、お酒を飲んだ後に誘われたりした場合は、下心の方が大きい可能性があります。

この場合、以下の記事を読み「彼が本当に下心があるかどうか」「浮気体質の男じゃないのか」をチェックしてみてくださいね。

 

 

デートするお金がないから

デートをするとなるとお金がかかります。しかし一人暮らしだと特に、お金を貯めるのはとても大変なことです。

給料日前であったり、大きな買い物をした後であったりすると、あなたとデートしたいけどお金がないという状況であることもあるでしょう。

 

お家デートはお金をかけずに出来るデートの代表格とも言えるため、そういった事情で家に誘われた可能性もあります。

 

特に金銭的に余裕がない若い男性の場合、普段から「割り勘」等をしていると「いい子だな」と思われて彼との仲が進展しやすいですよ♪

あ、ただし、たま~に「極度のケチだから」というパターンがあります。

極度のケチの場合、付き合うことが苦痛になることも…。ケチなのか倹約家なのか見極めが必要かもですね。

 

外に出るのが面倒だから

出不精な男性、もしくは暑さや寒さが極端に苦手な男性は単純に外に出たくないと思っている可能性があります。

 

これは決してあなたとのデートだからではなく、そういう性格であるというだけです。

 

お家デートだから手を抜いているという訳ではありません。

逆に外には出たくないけどあなたとデートはしたいから、家を選んだということです。

ただ、あなたが「アウトドア派」なら付き合った後に少しだけストレスが溜まるかもですね。

その場合は、上手に彼を外デートに誘いましょう♪

 

 

告白をするつもりだから

何回目かのデートで家に誘われたのであれば、彼が告白しようと考えているということもあります。

告白はやはり人があまりいない静かなところでしたいと思っている男性は多いため、その会場として家を選ぶこともあるでしょう。

 

スポンサーリンク

男性に下心がない人っているの?

はっきり言って下心のない男性なんていません。

2人でゆっくりしたいからとか告白をしたいから家を選んだ男性であっても、絶対に下心はあります。

 

それが男性なのです。

 

そのことに対して落ち込んだり悩んだりしても仕方ありません。

あなたも好きな人とはくっつきたいと思いますよね?

男性においてはその欲求が女性よりも強いだけの話です。

 

場所が家であろうが外であろうが、男性は下心を持っていなければそもそもデートになんか誘わないということを理解しておくといいでしょう。

このことを理解していない女性が多いため、付き合っていようがいまいが「相手の男性にとって自分は体目的なのではないか」と悩む人が後を絶たないのです。

男性にとって女性を好きになる入口は「性的な興味から」であるということを理解すると、むしろ体に興味を持たれることは悪いことではないと思えるでしょう。

 

もちろん外見だけではなく、あなたの内面から好きになる人もたくさんいますし、大抵の男性は「あなたに下心がある=あなたに興味がある=あなたのことが好き」ということですので、そこは誤解がないようにお願いしますね。

 

スポンサーリンク

下心と本命との見分け方は?

下心と本命の線引きに関しては、男性自身もよく分かっていません。

女性の場合は好きだからその人と関係を持ちたいと望みますが、男性の場合は少なからず「関係を持ちたい」と思える相手でないとまず気になりません。

 

分かりやすく言うと、女性は「好きだからいちゃつきたい」、男性の場合は「いちゃつきたい相手だから好き」といった具合です。

 

これは極端に言っているため、もちろん相手の男性もどこかいいと思うところがあって、あなたを気に入ってくれているはずです。

が、それが特になく100パーセント下心なのであれば、彼はあなたの体にしか興味がないということになります。

この線引きを見分けるのは非常に難しいところですが、ひとつの判断基準として「付き合うまでお家デートは断る」というのは有効であると思います。

 

体目的でないのであれば家に行くことを断られたとしても代案を提案してくれるでしょうし、懲りずに誘い続けてくれるでしょう。

ただし、体目的であってもその手間を惜しまない人もいるため、必ずしも有効とは言えないのが難点です。

(実際、私も完全下心目当ての男性から3ヶ月以上もマメな連絡&デートの誘いを受けたことがあります。こういった場合「経済的な余裕がある男性」の方が遊び相手の女性にもお金をつかえるイメージですね)

 

残念なことですが、関係を持つために告白をする男性も存在します。

そのため、「付き合う前のお家デートを拒否し続けても誘ってくれること」が「絶対にあなたを好きである証拠」とは言えませんが、多くの男性は面倒なことは嫌う傾向にあるため、ある程度は絞ることが出来るでしょう。

そのため、家に誘ってくる彼の本意が分からないという女性は、付き合うまで家は行かないという選択肢を選んでもいいかもしれません。

 

また、もうひとつの案として、思い切って家に行ってみるという手もあります。

そこでしつこく手を出そうとしてきたら体目的である可能性大です。

男性は好きだったり気になる相手であれば手を出したくなる生き物であるため、何かしら仕掛けてくるかもしれません。

 

そこであなたが断れば、多くの男性は嫌われたくないという心理から諦めるでしょう。

 

しかしそれでもしつこく迫ってくるようであれば、残念ながら体目的かもしれません。

「最悪それでもいいか」と割り切れるのであれば、家に行ってみてから判断するのもありでしょう。

ただし、「体目的男」だった場合、即帰ってきましょうね。雰囲気に流されて本当に関係を持ってしまった・・・なんてことはダメですよ。

 

彼の本気度をチェックする方法は他にもあります。こちらの記事も読んで「彼の脈あり度」を調べてみてくださいね。

 

 

男性に家に誘われた!一人暮らしの家に呼ぶ心理は?まとめ

いかがでしたでしょうか?

決して「家に誘う=必ずしも下心」というわけではないので、家に誘われたからといってがっかりする必要はありません。

そもそも男性は女性に比べてお家デートに対してのハードルが低いため、特に何も考えずにデート場所として家を指定する人も少なくないのです。

 

気になる彼に家に誘われて悩んでいるあなたは、これらの男性心理を理解した上で、自分の心の声に従って決めてみてください。

もやもやした気持ちをなくして、楽しいお家デートをお過ごしください!