シャイな男性な男性の脈なしサイン。好き避けとの見分け方は?

スポンサーリンク

この記事は約 10 分で読めます。

シャイな男性の脈なしサインを見つけて悲しむ女性

 

男性の気持ちって、女性よりは分かりやすいと言われていますよね。

すぐ顔や仕草に表れるところから「好きなのがバレバレ!」なんて周りに思われていることも。

 

でも、シャイな男性の場合はそうはいきません。

 

なかなか表情や言葉で気持ちを表してくれないため、「わたしのことをどう思っているのかまったく分からない!」という迷宮に入ることもあるんです。

なかには好きな女子に対して「正反対の行動(好き避け行動)」をとってしまうという男性も…。

 

でも、そんな彼でも「行動」をよく観察すると「好意サイン」のヒントが隠されているかもしれません。

行動には気持ちが表れやすいので、彼があなたをどう思っているか分かる近道になるんですよ。

 

ここでは「シャイな男性の脈なし行動パターン」を挙げていきます。

 

草食系な男子に片思い中の女子の皆さん。

「今後の関係を脈ありに発展させるため」にも、ぜひチェックしてくださいね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シャイな男性は行動や態度に「本音の気持ち」が表れる

口下手だからこそ行動に出がち

シャイな男性は、お喋りするのが苦手なことがほとんど。

面白い会話やオチのある話ができないことに引け目を感じて、みんなと居ても口数が少ないことが多いんです。

 

だから、「彼って何を考えているのか分からない…。」という状況になりがちなんですよね。

 

ですが、行動には相手の気持ちが表れるもの。

彼の何気ない行動から、「あなたへの脈あり・なし」が判断できることが多いんですよ。

 

取り繕ったり嘘をついたりが苦手

女性に慣れている男性なら、例え相手のことをあまり好きではなくてもその場に合わせて「かわいいね。」と言ってみたり、自然にエスコートしたりも出来るもの。

 

ですが、シャイな男性はその場を取り繕ったり、お世辞を言ったりすることに慣れていません。

 

だからこそ、彼の行動には真の気持ちが表れていることが多いんです。

そのため、行動だけ見ていると「女性に慣れている男性よりも脈あり・脈なしがはっきり分かる!」ということも。

気になる彼の行動を少し観察すると、気持ちがよーく見えてくるかもしれません。

 

それでは次の章で「シャイな男性の具体的な脈なし、脈あり行動」を見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

シャイな男性の脈なし態度や行動4選

2人きりなのに話しかけてこない

集団で行動していたとしても、彼と2人きりになるというときもありますよね。

 

そんなとき、明らかに距離を置いて話しかけてこないようなら脈なしの可能性が高いです。

 

もしあなたに少しでも好意があるなら、上手く話せないながらも何か話しかけて来ようとしますよね。

それをまったくしようとせず「平然とした態度でスマホをいじっているとか、1人音楽を聞きだす」といった場合はあなたに興味がないのかもしれません。

彼の中では1人を満喫する時間になってしまっているのですね^^;

 

ちなみに皆がいる場所で話しかけてこないパターンは「ただの好き避け」という可能性もあります。

奥手男子は「脈なし行動」と「好き避け行動」が見分けにくいの要注意ですよ。

話を振っても会話を広げようとしない

2人きりなのに話しかけてこない…の延長線で、あなたが話しかけてもまったく会話を広げようとしないのも脈なしの可能性が高いと言えます。

 

「さっき食べたオムライスおいしかったね~。」

「…うん。」

 

だけで終わってしまうと「もうちょっと何か言えるでしょ!?」とつっこみたくなりますよね^^;

逆に、あなたの話を何とか広げようとするとか、「それってどこに売ってるの?」と、興味を持って聞いて来ようとするなら脈ありに変わる可能性もあるんです。

最初は自分から話しかけられなかったものの、あなたから話しかけてくれた内容で何とか場を盛り上げようと必死になってくれる姿は好感が持てますよね。

 

あなたに近づこうとしない

好き避けなのか、興味がないのか判断が難しいところですが、あなたにあまり近づこうとしないのも脈なし態度の1つと言えます。

 

たとえば、みんなでバーベキューをするとなった場合。

誰の側にでも行けるチャンスタイムなのに、あなたにまったく近づこうとせず「他の女性もしくは男友達とばかり一緒に居る」という状況だと、脈ありであることはあまり考えられません(>_<)

 

いくらシャイだとしても、好きな子の側に行けるチャンスがあったらそれをものにしようとするはず。

まったくあなたの側にも来ず、話しかけようともしないという場合は彼にとってあなたは興味がないのかもしれません。

 

うつむいて視線を合わせようとしない

あなたといるとき、うつむいて目を合わせようとしない彼。

 

これも、あなたに「脈なし&恐れを抱いている」という可能性があります。

 

以前、彼にきつい一言を言ってしまったとか、強気な態度をとってしまったという経験はないでしょうか^^;

男性は、些細な一言に傷ついているということもあるので注意が必要です。

彼は「またあなたに何かきついことを言われないか」と警戒しているのかもしれません。

そういうときは、やみ雲に話しかけるよりも、彼とちょっと距離を置いた方が無難ですよ。

 

スポンサーリンク

脈なし態度を取られたときの対処法

上記のような脈なし態度をとられたからといって「もう無理だ…」と諦めるのはまだ早いです。

そういった時は以下のような行動をとってみましょう。

もしかしたら「逆転して両思いになる」という可能性もありますよ♪

彼を褒める言葉をかける

脈なし態度を取られてしまうと正直キツイですよね…(>_<)

ですが、それであなたも無言になってしまうと距離はますます離れることに。

彼のことを少しでも気になっているなら、あなたから何かアクションを起こすしかありません。

 

そんなときに有効なのが、相手を褒めるということ。

 

「そのスマホケースかっこいいね。」

「Tシャツおしゃれだね。」

 

など、彼の身につけているものから褒めてみると会話が広がるかもしれません。

たとえうまく会話が続かなかったとしても、褒められて嫌な気持ちになる人はいないので彼の中であなたの好感度は上がっていくと思いますよ!

 

周りに協力してもらう

「彼がまったくこちらへ近づこうとしない」とか、「避けられてる…?」と感じるときは、周りに協力を頼むのも一つの手です。

 

あなたが彼を気になっているということを信頼できる友達に伝え、近くに行けるようにセッティングしてもらうと会話がしやすくなります。

 

また、周囲の人に2人の共通点を話してもらうのも有効。

「そういえば、〇〇は中学時代バスケ部って言ってたけど、〇〇ちゃんもそうだったよね!」

と、何かしら共通点が見つかるだけでもお互いの距離は一気に縮まりますよ。

 

「友達の協力のおかげで、シャイな男性と付き合えるようになった」というケースもあるので、何とか脈ありにもっていきたい!というときはぜひお願いしてみましょう^^

 

シャイな男子の嫌いサインまとめ

シャイな男性の脈なし態度についてまとめてみました。

 

脈なしなんだ…と思うと辛いですが、だからといって終わりということではありません!

 

自分の行動次第で、いくらでも脈ありに変えて見せることは可能なんです。

まずは彼を観察することから始めて、少しでも距離を縮められるようにアクションを起こしてみてくださいね!

 

また、「脈なし態度」と思っていたのは「好き避け」だった可能性もあります。

見分け方が難しいところですが、こちらの記事も一緒にチェックして冷静に判断してくださいね。