年の差20歳カップルの恋愛・結婚事情。後悔するって本当?

スポンサーリンク

この記事は約 10 分で読めます。

20歳差カップルの恋愛、結婚事情

 

年の差20歳と言うと、親子ほどの年齢が離れていることになりますよね。

「好きになった相手は親との年齢の方が近かった!」ということも、20歳差ならではのあるあるだと思います。

 

そんな年の差カップル、実際付き合って行く中で、また結婚生活を送る中で「どういったメリット・デメリット」があるのでしょうか。

また、結婚後後悔するのではないかも気になるところですよね。

 

そこで「20歳差カップルの恋愛・結婚事情」について詳しく見ていきたいと思います!

 

「一回り以上も年齢が離れた男性が好きで片思いしている」、もしくは「恋人が20歳近く年の差がある」という女性の皆さん、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

年の差20歳の恋愛事情~男性が20歳上のメリット~

経済力がある

20歳差上のメリットは、何と言っても「経済力」ですよね。

たとえばあなたが20代、彼が40代の場合は、同世代の男性と比べると給料や貯蓄にかなりの違いがあると思います。

デートでも「普段行けないような高級なお店に連れて行ってもらえた」り、「プレゼントも欲しいものを何でも買ってくれた」りと、経済力があることから楽しいワクワクした付き合いができますよ。

 

義両親が優しい

結婚を考えると、気になるのは相手のご両親ですよね。

上手くやっていけるだろうか…と不安になる人も多いと思います。

ですが、20歳男性が上だと「義両親はあなたにとって祖父母くらいの年齢」ということも。

 

そのため、家に挨拶に行ったときなども、孫のように優しく迎えてくれることが多くなります。

 

もし至らないことがあったとしても、厳しく言ってくるというよりは「温かく見守ってくれる感じ」になるかもしれません。

また「年のいっている息子と結婚してくれる」という思いから、あなたに優しくするということも考えられますよ。

 

年齢が高い男性になると義父母も「もう結婚はしない。一生独身で孫も見れないと思っていた」とのいうことも多いので、「そんな息子と結婚してくれたor付き合ってくれているあなたに感謝いっぱい」ということが多いですよ♪

 

若々しい気分でいられる

20歳女性が下だと、いつまでも若々しい気分でいられます。

 

その理由は、「彼があなたを若い女性として見続けてくれる」から。

 

例えば、彼が60代、あなたが40代になったときでも「うちの妻は同世代の奥さんと比べて若い!」と彼は思い続けてくれるはずです。

縮まることのない年齢差が、いつまでも女性を若々しい気持ちでいさせてくれますよ。

 

男性が20歳年上、女性が年下のデメリット

体力差を感じやすい

20歳差だと一番辛いのは体力差です。

女性としては「もっとアクティブなデートをしたり、夜遅くまで起きたりしていたい!」と思うことがあっても、彼は仕事でクタクタ。

デートはいつも「ゆったりした感じ」ということになるかもしれません。

 

確かに、20歳も離れていると体力に差があるのは当然のこと。

 

女性もインドア派だと上手くやっていけるかもしれませんが、アウトドア派の人にとってはときどき物足りなく感じてしまうかもしれません。

 

命令的になりやすい

男性が年上だと、どうしても「上司と部下のような命令的な感じ」になりやすいものです。

彼としてはただのアドバイスのつもりでも、あなたにしてみたら「命令された!」「束縛された!」と感じてしまうことも。

また、口調がきつく感じることもあるようで、「彼ってこういう人なんだ。」ということを理解するまでには女性側は少し苦しいかもしれません。

 

スポンサーリンク

女性が20歳年上、男性が年下のメリット

家事能力が高い

女性が20歳上の場合は、家事能力が高いことがメリットだと思います。

特に1人暮らしをしてきた方だと、ある程度のことはできるようになっていますよね。

料理をするうえでも、節約や健康にも目がいきやすいので、結婚してから「どんなレシピを作っていいかわからない!」と悩むことが少ないのではないでしょうか。

 

男性が頼りにしやすい

男性はプライドが邪魔をして、なかなか女性に頼ることができないものです。

 

ですが、女性が20歳上であることで、「男性も素直に甘えたり相談したりできる」ようになります。

 

変に格好つけなくていいのは、男性にとって大きなメリット。

この人といると落ち着くな~と思ってもらえるのは、女性にとってもメリットですよね。

 

女性が自立した関係でいられる

結婚後は、夫婦で依存しすぎないように気をつけることが大事です。

ですが、男性が年上の場合は、どうしても女性が頼りすぎてしまうことも考えられます。

 

一方で、女性が年上であれば、「自分がしっかりしないと!」という気持ちを保ちやすく自立した関係でいられます。

 

お互い自立していることで、何かトラブルがあったときも共倒れせずに済むものです。

べったり甘えた関係にならないのは、年上女性のメリットだと思います。

 

女性が20歳上 男性が年下のデメリット

浮気の心配が絶えない

女性にとって心配なのは、彼の浮気だと思います。

彼に「やっぱり同世代の子の方が合うから…。」という理由で浮気されてしまったらショックが大きいですよね。

こういった年の差による浮気の心配が絶えないのは、年上女性のデメリットだと思います。

 

周りの視線が痛い

男性が上、女性が下のカップルはよく聞きますが、その逆はなかなか見かけないもの。

 

そのため、デートをしているときや、結婚式場の下見のときなど「周りからの視線が痛い」ときもあるかもしれません。

 

「お母さんと一緒に来ているのかな?」なんて勘違いされてしまうことも。

また、年齢より若くありたい!と力を入れすぎると、それが浮いた印象になってしまうので「ほどほど」を意識することが大事ですよ。

 

スポンサーリンク

20歳差カップルの結婚事情。苦労することって?

結婚のとき親からの猛反対を受ける

年の差婚はただでさえ大変とか、別れやすいというイメージがあるもの。

 

それで20歳差ときたら、親からの猛反対を受けてしまうことは避けられないと思います。

 

「もっと年が近くていい人はいないの?」とか「子どもはいらないの?」とか、親は心配して色々と気にかけてくるかもしれません。

「それでも結婚したいんだ!」という強い意志を見せ続けることが大事ですが、親から反対を受けるのは精神的に疲れることになりそうです。

 

夫婦に見られないことがある

20歳年齢が離れていると、夫婦に見られないことが多くなってしまいます。

特に、年上側が落ち着いた雰囲気であったり、年下側が童顔であったりすると、高確率で「親子ですか?」と言われてしまうことに。

そのため、毎回「夫婦なんです。」と説明することが面倒に感じてしまうというケースもありますよ。

 

困難を乗り越えたからこそ仲良し

「結婚時親に反対されたり、よく親子に間違われたり…」と、何かと辛いイメージの多い20歳差婚。

 

ですが、そういった困難を乗り越えてようやく家庭を築けた2人は、他の夫婦と比べ絆が強く仲良しであることが多いです。

 

やはり、障害があった方が愛は深まっていくもの。

これだけ周りに色々言われても「それでも一緒にいたい!」という気持ちを再確認できるので、結婚後はとても仲の良い穏やかな夫婦になれますよ。

 

 

20歳差カップルは後悔する?まとめ

20歳差カップルの恋愛・結婚事情についてまとめてみました。

年の差が離れているほど、周りからの反対に会ったり、お互い不安になったりすることが人より多くなると思います。

 

ですが、それらを乗り越えて結婚した2人は、ちょっとのことでは折れないような強い絆で繋がれるはずです。

 

相手のことを想う気持ちに自信を持って、年の差のある付き合いを楽しんでみてください!