スポンサーリンク

女子からラインで告白!男子が喜ぶメッセージ例文を紹介。

この記事は約 9 分で読めます。

スマホを手に持つ女性

 

好きな人に告白をしたいとき、ラインやメールでしようと思うこともありますよね。

でも、直接言うのとは違って上手く伝わるかな?

彼からずっと返事が来なかったらどうしよう。

ずっと残るものだから、フラれたら何か気まずい…。

 

などいろいろな悩みが出てきますよね。

 

では、どうすれば彼に上手に気持ちを伝えることができるのでしょうか。

彼からの返信は自分でどうすることもできませんが、自分の気持ちの伝え方はいくらでも工夫ができます。

 

彼からOKの返事がもらえるように、また、これからも仲良く付き合っていけるように「ラインで上手に告白する方法」を見ていきましょう!

 

ラインやメールで片思いの男子に告白しようと考えている女子、必見ですよ!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

女子からラインで告白する時に気を付けたいこと

相手が読みやすい時間を意識する

ラインって、いつでも相手に送ることができますよね。

電話と違って相手の状況を気にしなくていいし、受信した方も空いた時間に見ればいいから気を遣いません。

 

でも、もし彼に確実に読んでほしいと思うなら送る時間帯を意識してください。

たとえば、何て送ろうか…と考えすぎて結局夜中の2時や3時に送信することになったら彼が読むのは恐らく朝ですよね。

もしくは、通知音で寝ていた彼を起こしてしまうかもしれません。

 

そんなときに読んだラインは果たして彼の心に残るでしょうか。

朝だと、忙しい中ぱっと見て終わってしまうかもしれないし、夜中だと寝ぼけて読んでそのままスルーなんてこともあるかも。

だから、彼の心にしっかり自分の告白ラインが届くように彼が読みやすい時間を考えて送ってみてください。

 

たとえば、彼の仕事終わりの時間を狙うとか、休日の昼や夕方を狙うとか、彼が確実に読んでくれそうな時間に告白ラインを送るようにしてくださいね。

 

伝えたい言葉ははっきりうつ

ラインの告白は直接会っていうわけではないので、ハードルはやや低め。

とはいえ、やはり告白すること自体は緊張しますよね。

何てうてばいいかわからず、ついつい文章が長くなりがち。

 

わたしはラインで告白しようとしたとき、彼との出会いからうってしまい何スクロール分になるの!?というくらい長文を作ってしまったことがあります。

読み返してさすがにこれはダメだ!とうちなおしたのですが、このようにダラダラと長文をうとうとしてしまう人多いのではないでしょうか。

 

ですから、自分が伝えたい言葉はあらかじめメモなどに書いて置いて、はっきりとうつことが大事です。

そして、出来るだけ長くならないようにするのがポイント。

シンプルな中にあなたの想いを込めてくださいね。

 

スタンプや絵文字の使用はほどほどに

ついつい照れ隠しから、スタンプや絵文字をたくさん使いたくなることも。

ハートやLOVEというスタンプがあると、ノリで押したくなるんですよね。

 

でも、この使いすぎもNG!

 

彼からすると、「冗談ラインか?」と本気にとられないことも。

せっかく勇気を出して告白ラインをしたのに、本気に取られないなんて悲しいですよね。

できれば文章のみで、味気ないから何か絵文字などつけたい!という人は使うとしても1~3個程度にとどめておきましょう。

 

既読無視or未読無視でも深刻になりすぎない

彼にラインを送ったものの、一向に読まれない…。

もしくは、既読になっているのに返信が来ない…。

そんな風にショックを受ける人も多いはず。

 

でも、ここは深刻になりすぎないことが大事です。

告白されたことに驚いているのかもしれないし、どのように返信をしていいのか迷っているのかもしれません。

少なくとも、「返信が来ない=フラれた」というわけではないのでご安心を。

勇気を出して告白したのだから、あとはドシッと構えて待つようにしましょう。

 

スポンサーリンク

ラインで告白 メッセージ例文。男性がキュンとなる言葉は?

 

好きという気持ちをストレートに

分かりやすく好きという気持ちをストレートに伝えてみてください。

 

「○○君のことずっと好きでした。付き合ってくれませんか?」

 

というように、シンプルかつストレートに送ってみてください。

彼にも伝わりやすいし、シンプルだけれど「好き」という言葉はやはり嬉しいはずです。

悩んでいろいろ考え込んでしまうくらいなら、「好き」という言葉をシンプルに送ってみてくださいね。

 

こんなわたしどうですか?とお伺いを立てる

相手にお伺いを立ててみる告白の方法もかわいいですよ。

 

「○○君と2人で遊ぶようになってしばらく経つけど、こんなわたし彼女にどうですか?」

 

と送ってみてください。

少し冗談めかしたように取られるかもしれませんが、絵文字やスタンプの使用を控えて文章だけで送ると真剣さが伝わりやすいと思います。

面と向かって「どうですか?」はなかなか言えないかもしれませんが、ラインなら文章で送れるので便利ですよね。

 

デート終わりのラインで告白

デートが終わったあとって実は告白ラインを送る大チャンス。

彼もラインを気にしていることが多いので、すぐに読んでくれるかもしれません。

 

「今日は楽しかったよ。ありがとう。これからもこうやって2人で仲良くしていきたいな。わたしと付き合ってくれませんか?」

 

と、その日のお礼も兼ねて送ってみてください。

彼もその日のあなたを思い出しながら、こんな子が彼女だったら楽しいだろうな~と想像してくれるかもしれません。

2人の距離が縮まっているときこそ、告白ラインは大きな効果を発揮しますよ。

 

告白の予約をする

ラインで伝えたいけれど、直接伝えたいという気持ちも実はある…。

そんな人は告白の予約をするのはいかがでしょうか。

 

「○○君に、伝えたいことがあるから次の○曜日2人で会えないかな?」とか

「○○君に好きってことを直接伝えたいので、今から会えない?」とか

 

もう告白する気満々じゃん!というツッコミが入りそうなくらいのラインでOKです。

ノリのいい彼なら、きっと受けてくれると思いますよ。

ただ、ちょっと頭でっかちなところのある彼だと「どういうこと???」とハテナマークでいっぱいになってしまうかもしれないので、相手のノリをよく見極めて実行してみてください。

 

 

女性からラインで告白する方法まとめ

いかがでしたか。

ラインでの告白、便利なようでいてたくさん悩みますよね。

文章で相手にどれだけ気持ちを伝えられるかというところがポイントだと思うんです。

でも、あなたの真剣な想いがきちんと送信できればそれでOK。

 

彼もきっと受けとめてくれますよ。

 

ラインでの告白がきっかけで、次のデートは2人にとって付き合いだしての初デートになるかもしれないですよね。

いつから好きに思っていたのかとか、これからどんなところに行きたいかとか、甘い会話を楽しみながら付き合いたてのデートをしてくださいね!

 



告白
hinanoをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
~クーピーデイズ~ 男性心理を知って毎日トキメキたい!