デートの断り方 男性を傷つけずに断る方法は?前日や当日でもOK!

スポンサーリンク

この記事は約 9 分で読めます。

 

男性からデートに誘われたけれど、断りたいというときってありますよね。

 

理由は人それぞれ。

「単に気乗りしない」とか、「彼に興味がない」、「行きたいけれどその日は空けられない」など、断り方にも工夫が必要となってきます。

「また、前日や当日になって行けなくなってしまった!」という、いわゆるドタキャンしなくてはならないときもあるはず。

 

そこで、男性をできるだけ傷つけずにデートを断る方法をご紹介。

 

緊急事態のときは、ぜひ使ってみてください!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

デートの断り方 嫌いな男性の場合

「デートに誘ってもらったけれど、はっきり言ってこの男性とはお付き合いする気がない!」

ということってありますよね。

そんなときに、相手にきっぱり脈なしであることを伝える効果的な断り方をご紹介します。

 

次の予定が立てられないことを伝える

よく使いがちなのが「忙しくて遊べそうにないから、ごめんね。」というセリフ。

これって、男性からしてみれば「忙しさがなくなれば遊べる!」という期待を持たせるものでもあるのです。

 

だからこそ、忙しさを理由に断るときは「しばらくの間忙しくて」とか「当分時間が作れそうにない」とか、自分自身も忙しさの終着点が見えていないということを伝えておきましょう。

 

そうすることで、彼も気軽に連絡を取ることはし難くなるはず。

そのままフェードアウトしてくれることを期待するのも手ですよ。

 

恋人or好きな人の存在を匂わせる

誘ってもらった彼には興味がなく、既に恋人がいるor好きな人がいるという場合は、そういった存在を匂わせるようにしましょう。

 

キッパリと「彼氏が他の男の人と遊びに行くのは嫌がるからごめんね。」と言ってしまうのが一番効果的。

 

そこまでハッキリはさすがに言えないという場合は「私気になっている人いるから…。」とか「○○君も彼女作りなよ~。」とか、若干濁して言うようにしてみましょう。

自分に脈がないことが彼に伝われば、誘われることもなくなっていきますよ。

 

その気にさせないように注意

せっかく誘ってくれたのだから、きつく断るわけにはいかないし…と、どうしてもやんわりした断り方になってしまうこともあると思います。

 

でも、それは彼にとっても自分にとってもマイナスなことばかり。

 

曖昧な言い方になってしまうと、「また誘ったら次こそは行けるかも!」とか、「もうちょっと押してみれば付き合えるかも!」とか、男性をその気にさせてしまうことになりかねません。

そこまで彼を本気にさせておいて、後から振る方が相手を深く傷つけることになりますよね。

 

だからこそ、多少はっきりした言い方になるのはしょうがないこと。

お互いの時間を無駄にしないためにも、その気にさせないような断り方を意識していきましょう。

 

スポンサーリンク

デートの断り方 好意がある男性の場合

せっかく気になっている彼からデートに誘ってもらったのに、その日はどうしても予定を空けられない!ということもあるはず。

そんなときは、彼に「俺って脈なしなのかも…。」と思われないようにすることが大切です。

そこで、次のチャンスを掴むための相手を傷つけない断り方をご紹介しますよ。

 

別の候補日をこちらから提案する

彼の誘ってくれた日がどうしても空けられないという場合は、すぐに別の候補日をこちらから提案してみましょう。

そうすることで、彼とデートすることに対しては嫌ではないという気持ちがきちんと伝わります。

 

ただ断ってしまうと、彼からしてみたら「俺に脈がないのかも…。」とがっかりしてしまうことに。

彼の好意を無駄にしないためにも、しっかりと別日でデートの計画を立ててくださいね。

 

誘ってくれたことに感謝する

好意のある彼からの誘いには、しっかり感謝することが大切。

 

「誘ってくれてすごく嬉しい!でも、その日は○○があるから空けられないの。」

 

と、「感謝+デートできない理由」を相手に伝えると傷つけずに断ることができます。

「自分が誘ったことで彼女はこんなにも喜んでくれた!」と、彼に自信をつけてもらうことで、今後もお誘いがあるはず。

感謝の気持ちはできるだけその場で表現するようにしてくださいね。

 

前日や当日にデートを断る方法&ドタキャンをする場合の注意点

「デートの約束をしたけれど、前日や当日になって行けなくなってしまった」とか、「気乗りしなくなってしまった」ということも誰だってあるはず。

そういったときは、ドタキャンをすることになってしまうのですが、相手をなるべく傷つけないためにも、注意点を押さえておきましょう。

 

ドタキャンの時に気をつけること

ドタキャンのときに絶対やってはいけないこと…それは、

 

待ち合わせ時刻が過ぎてから「行けなくなった。」という連絡をすることです。

 

相手がもう家を出て、待ち合わせ場所にいるのならこれほど迷惑をかけることってありません。

傷つけたくないからと断るまでにモタモタしているうちに、相手からの印象をものすごく悪くするという最悪の行動をやってしまうことに。

 

なので、ドタキャンする場合は、できるだけ早めの連絡を心がけましょう。

もし時間を過ぎてしまったなら「もうキャンセルはせずにその日は会う!」と決めておくくらいが大事ですよ。

 

待ち合わせ時間を過ぎた場合の理由は?

前日や当日にドタキャンする場合は、理由を曖昧にしたり、言わないまま「ごめん、行けなくなった。」とだけ伝えるのは、基本的にマナー違反と言えます。

自分が同じようなことをされたらどんな気持ちになるか考えると分かることですよね。

 

この場合は、嘘も方便でいいので「高熱があって遊べない。」とか「夜中からお腹を壊して家から出られない。」とか、体調不良であることを伝えるのが無難です。

もちろん、断った後はやみ雲に外出するのはNGですよ。

 

バレバレの嘘をつくのはNG

何とか理由をつけてキャンセルしなくてはと焦るあまり、バレバレの嘘をつくのは決して良い方法とは言えません。

 

彼を傷つけることになるし、あなたの信頼も大きく損なうことになってしまいます。

 

例えば「親戚が亡くなった。」とか「急に会社に呼び出された。」とか「友達の○○がトラブルが起きたみたいで…。」とか。

「それって本当?」と思わず思いたくなってしまうようなことを何度も続けていれば、怪しまれるのも当然です。

 

こんな嘘をつかれるくらいなら「ちょっと体調が悪くて、遊べる元気がないんだ。」と正直に言ってくれた方がマシですよね。

ドタキャンは最低限の回数にとどめておくことが大切ですし、見え透いた嘘をつくのは結局バレるのでやめておくようにしましょう。

 

スポンサーリンク

デートを断る理由まとめ

デートのお誘いを断るのは、誰だって気が引けるもの。

できるだけ相手を傷つけたくないと思いますよね。

 

でも、傷つけたくない気持ちが大きくなるあまり、曖昧過ぎる言い方になってしまったり、当日まで迷った末ドタキャンになったりするのでは、結局相手を振り回すだけに過ぎません。

きちんと断るスキルを身につけて、気持ちの良い関係を保っていけるようにしてくださいね。