デートの誘いの断り方 メールやラインのオススメ例文

スポンサーリンク

この記事は約 9 分で読めます。

 

男性からデートに誘われたけれど、今回は断りたい…というときってありますよね。

直接言うのは気が引けるし、できれば角が立たないようにお断りしたいところだと思います。

 

そこで便利なのが、メールやライン。

 

ゆっくり文章を考えることができるし、相手を傷つけないような言葉を選んでお断り文章を送信できますよね。

とは言え「相手を傷つけないようにっていうのも難しい!」と悩む女性も多いと思います。

 

そこで、デートをお断りする際の、メールやラインのポイント、オススメ例文についてご紹介していきます!

 

「相手の男性からの誘いを傷つけずにやんわりと断りたい!」という女子の皆さん。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

男性からの誘いをメールやラインで断るときのポイント

こちらから連絡すると言う

デートに誘われたけれどはっきりと「お断りします。」というのは難しいものです。

 

そんなときに便利なのが「またこちらから連絡します。」という言葉。

 

勘のいい男性なら、この時点で「断られているな~」ということに気付くかもしれません(^-^;

こちらから連絡すると言われてしまったら、誘った側もしつこく催促はしにくいですよね。

やんわりと断るためにも、使える言葉なのでぜひ覚えておきましょう。

 

仕事の忙しさを理由にする

仕事の忙しさはお断りの理由としては最も使いやすいものだと思います。

 

  • 「シフトがまだ分からなくて。」
  • 「ちょうど繁忙期に入っちゃって。」
  • 「ちょっと大きなミスがあって。」

 

など、「今自分は仕事で手一杯である」ということを伝えてみてください。

仕事の忙しさなら、男性の方も共感しやすく、「そういうことなら仕方ないか…」とあきらめることも多くなりますよ。

 

連絡頻度を落とす

デートのお誘いがあった後も、いつも通り何気ないラインのやり取りを続けるのはNG。

相手に「いつ予定が分かるかな?」と期待させてしまうことになるので、断るつもりなら連絡頻度も落とすようにしてください。

 

デートの誘いをしたあとに連絡頻度が落ちたら、男性側も「ちょっと積極的に行き過ぎたかな…。」と思うもの。

直接断るアクションを見せなくても、連絡頻度の少なさから男性に気付いてもらうのも手ですよ。

 

誘われそうな雰囲気になったらフェードアウト

上級者テクですが、「誘われそうな雰囲気になったらフェードアウトする」という方法もあります。

そもそも誘われてしまうから何て断ろうか悩んでしまうのです。

だから、

 

  • 2人でいて週末や休日の話になったら話題を変える
  • ラインやメールでも「最近暇な日ある?」と聞かれたら「いや~、忙しい毎日だよ。そろそろ寝るね~。」と会話を終了させる

↑こんな風に「デートや食事に誘われそうな雰囲気」になったら、半ば強制的でもいいのでフェードアウトしてください。

誘う隙すら与えさせないことで、断ることの煩わしさから解放されることができますよ。

 

スポンサーリンク

ラインやメールでデートを断るときのオススメ例文

「ラインやメールでデートの誘いを断ろうと思うけれど、なんて送っていいのか分からない!」

「考えているうちに何時間も経ってしまった!」

 

こんな風に悩んでいる女性は、ぜひご紹介する例文を参考にしてみてください。

いろいろなお断りパターンがあるので、どれか使えるものがあるはずですよ。

 

実家の用事で忙しい

実家の忙しさは誰にだって想像つかないもの。

相手の家のことだから口を出せないし…というところもありますよね。

そこで、実家に関する用事があることを口実に断ってみましょう。

 

例文

誘ってくれてありがとう!

でも、今毎週実家に帰らないといけない状況で。

地域の行事とか、法事とかが立て込んでるから忙しくて会えそうにないんだ、ごめんね。

 

仕事で忙しい

仕事の忙しさは理由として使いやすいですよね。

とっても忙しくて、忙しさの終わりに見通しが立たない!

ということをアピールしてみてください。

 

例文

ごめん!今仕事が忙しくて残業続きで。

自分の時間がぜんぜん取れないんだよね。

またこっちから連絡するから、本当ごめんね。

 

女友達との充実っぷりをアピール

休日や仕事終わりは、女友達と楽しい時間を過ごしていることをアピールするのもいい方法です。

「プライベートは十分充実しています!」ということを伝えてみましょう。

 

例文

最近友達の○○とジム通いにハマってて。

あと仕事終わりに習い事も始めたからあんまり時間がないんだ~。

せっかく誘ってくれたのにごめんね。

 

彼or好きな人がいることをアピール

「彼や好きな人がいるからデートに誘われても困る!」という場合は、正直にそのことを話すのが一番です。

他に男性がいると分かれば、誘ってくることもなくなりますよ。

 

例文

誘ってくれてありがとう。

○○君には言ってなかったけど、実は私付き合ってる人がいて。

男の人と遊びに行くなんて言ったら嫌な気にさせちゃうから、ごめんね。

 

スポンサーリンク

ラインやメールで誘いを断るときの注意点

断った日のSNS投稿には要注意

無事断れたからと気が抜けて、断った日に普通にSNSの投稿をしてしまう女性ってけっこういるみたいです。

その投稿、断った彼に見られているかもしれません(>_<)

 

「忙しいって言ってたけど嘘だったんだ…。」とか「やっぱり時間あるんじゃん!」と、相手を傷つける&逆上させる可能性があるので要注意ですよ。

 

デートをお断りした日のSNS投稿は極力控えるようにして、どうしても投稿したい内容があるなら彼に見えないように工夫するようにしてくださいね。

 

未読or既読スルーは問題の先延ばし

「ラインでデートに誘われたけれど、正直行きたくないし…でも、断るのも何て言ったらいいのか…」と、未読or既読スルーにしてしまう女性もいると思います。

ですが、これって問題の先延ばしをしているだけであって、あなたにとっても彼にとってもいいことはありません。

 

断るならすぐに断った方がお互い気持ちがスッキリするものです。

 

誘ってくれた彼に対しても、いつ返事が来るのかとソワソワさせっぱなしはよくないですよね。

たとえ断るのが苦手だとしても、誘われた以上はしっかり返事をしないといけません。

ラインでのお断りなら直接言うよりはハードルは下がると思うので、頑張って返信をしてくださいね。

 

デートの誘いの断り方 ラインやメール編まとめ

メールやラインでデートを断る方法についてご紹介していきました。

あなたを誘った男性にしてみたら、勇気を出してデートの提案をしたはず。

そのことには感謝して、ダラダラと返事を先延ばしすることなく、早めに返事をするようにしましょう。

 

相手の時間も自分の時間も大事にすることで、人間関係はもっとよくなるはずです。

断り上手な女性を目指して、モヤモヤ悩む時間から抜け出してくださいね。