スポンサーリンク

アラサーの恋愛は妥協も必要?彼氏や結婚はどこまで譲れる?

この記事は約 8 分で読めます。

考える女性

「年齢を重ねるにつれどんどん恋愛の仕方が分からなくなっていく…」

「もはや好きってなんだっけ…」

「そういえば、前に彼氏ができたのいつだったっけ…」

 

というような声をよくまわりのアラサー女性から聞きます。

‘結婚’の二文字がどうしても脳裏によぎって純粋に恋愛が出来なくなっていたり、出会いの場面も限られてきてなかなか恋愛モードにならなかったり。

決して相手に高望みをしている訳ではないのに、周りからは「理想が高すぎる」とか「妥協も必要だよ」と言われ、「もうどうしたらいいのか分からない!」という人も少なくないのではないでしょうか。

 

今回はそんな恋愛から遠ざかってしまっているアラサー女性について、「恋愛するためには本当に妥協が必要なのか?」を紹介しますね。

 

アラサーになり内心焦っている女性の皆さん、ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アラサーの恋愛に妥協は必要?

‘恋愛、結婚には妥協も必要’という定説がまかり通っていますが、そもそもこの理論は本当に正しいのでしょうか?

 

日本ではバブル時代には「女性の年齢=クリスマスケーキ」と言われていたように、結婚適齢期の女性の年齢について固定観念にとらわれています。

なんとなく30歳を結婚のボーダーラインにしている人も多く、年配の人の中には「30越えて独り身なんて」などと心無い声を浴びせる人もいます。

そういった価値観の日本で生まれ育ってきた私たちは、無意識のうちに「アラサーだから結婚しなきゃ」とか「何歳までに子ども産まなきゃ」といった考えになってしまっているのです。

 

そのために、どうしても30歳前後の年齢になると‘結婚’を意識しすぎた相手選びをしてしまう傾向にあります。

 

「いい人だけど収入が心配」とか「お金は持っているけど浮気しそう」などと将来像を考えすぎて一歩踏み出せないのが原因で恋愛から遠ざかっている人が多いのではないでしょうか。

そこで‘妥協も必要’という考えが出てくるのです。

「共働きであれば家計もなんとかなるよね」とか「男性はみんな浮気する生き物だし」などと自分に言い聞かせ、そこに落ち着く。

 

しかし果たしてそれは本当に正しい選択なのでしょうか?

 

妥協が必要と口にする人は、自分がそうであったからそう言うのです。

でもその人たちの判断が「正解なのか」「幸せなのか」は他人には図ることが出来ません。

 

世間の価値観に流され、自身の不安要素に目を瞑って相手を選ぶことは「賢明な判断」とは言えないでしょう。

‘恋愛、結婚には妥協が必要’ という、日本社会によって埋め込まれた思い込みは捨て去りましょう。

 

スポンサーリンク

恋愛の妥協点。妥協した方がいいポイントは?

そうは言っても「全てに関して自分の希望ばかり」通そうとしていたらチャンスを掴む可能性が低くなるのは事実です。

恋愛から遠ざかっている人に限って‘無意味なことにこだわる’傾向にあるように思います。

例えば、「年下は絶対無理」とか「職場とか学校とか相手をよく知ることが出来る出会いの形じゃなきゃ嫌だ」とか「顔が卵型は無理」とか「長男は嫌」といった具合です。

 

もしかしたらこういった条件を挙げる人は、過去に該当する人と付き合ってきて嫌な思いをしたのかもしれません。

でもそれはおそらく数人~多くても数十人のサンプリングですよね?

全国のその条件に該当する全ての男性と出会った訳ではないのに、そういう経験があるからと切り捨ててしまうのはもったいないし非常に愚かです。

 

年下だって頼りになる人はいっぱいいるし、年上でもダメ人間はたくさんいます。

ナンパやネットで知り合って結婚まで辿り着いた人はたくさんいます。

一般的に相性が悪いと言われているA型とB型の組み合わせカップルでも、長年仲良くやっている人はたくさんいます。

長男ではなく次男が両親の介護を請け負っている家庭だってたくさんあります。

 

こだわる必要のない点に固執して、自ら自分の幸せを逃してしまうのはやめましょう。

恋愛で妥協すると後悔するポイントは?

最初に述べた通り、恋愛するために妥協する必要はありません。

本当に自分が求めていることなのであれば、それを追い求め続けましょう。

 

例えば「具体的に将来の設計を計算していて、子どもは何人欲しくて、そのために養育費等でいくら必要だから相手の年収は○万円以上」という明確な希望があるならば希望年収を下げる必要はありません。

「相手の見た目がタイプであれば全て許すことが出来るから、長く一緒にいる相手はイケメンがいい」という考えならばイケメンしか見なくていいです。

「両親が厳しくて自分以上の学歴の相手でないと絶対に認めてくれないし、自分もその判断に従う予定」ということであればその基準をなくす必要はありません。

 

要は、自分が恋愛もしくは結婚の相手に本当に望むことは何なのかを知ることです。

 

この‘本当に自分が望む条件’を知るには真剣に自分と向き合う必要があります。

「なんとなくこれくらいの年収あればいいかな」とか、「ただ見た目はいいに越したことはない」とかいう考えではなく、「これだけはこういう理由で絶対に譲れない」という点を見つけてください。

 

言い換えれば「人生において自分が何を求めているかを探る」ということです。

 

そしてひとたびそれが分かったら、その条件に関しては妥協する必要は全くありません。

存分に追い求め続けましょう。

そのためには「その絶対的な条件以外は本当の自分の理想ではない」と知ることも大事です。

 

あれもこれもと全てを求めすぎていては今と変わりません。

 

「妥協」と考えるのではなく「本当に自分が求めていること以外はたいしたことではない」と思うことです。

そうすることで、自分が一緒に幸せになれる相手を見つけられる可能性がぐんと高くなります。

アラサーは彼氏や結婚に妥協した方がいい?まとめ

恋愛も結婚も結局はご縁でありタイミングです。

今出来ていないからと言って焦ることも落ち込む必要もありません。

ただ、恋愛がしたいという気持ちがあるのであれば、あなた自身の無駄な思い込みや決めつけはなくしましょう。

 

実は大した問題ではないことを気にしすぎるのは全くもって意味のないことですし、自ら幸せな恋愛や結婚を掴むチャンスを蹴ってしまっていることになります。

相手の条件を妥協するのではなく、自分の固定観念をなくすことで、あなたもきっと幸せな恋愛を手に入れることが出来るでしょう。



出会う方法
mayumiをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
~クーピーデイズ~ 男性心理を知って毎日トキメキたい!